まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
栢原義則

小学生の能力(脳力)開発のプロ

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

栢原義則プロのコラム一覧

教育コンサルタント、エフイーアイの栢原です。私の塾では、講習だけの外部募集はしていません。理由は、学校がお休みのこの時期に、普段の授業では時間が取れなくてじっくり取り組めなかった事を、お預かりしている子ども達に、集中的に教えたいからです。外部から、この時期...

教育コンサルタント、エフイーアイの栢原です。低学年をお持ちのお母さん方と懇談をさせていただくと、よくこんな話をうかがいます。「自分が小学生の時、親に無理やり塾に行かさせられて受験をした。したい事も我慢してひたすら塾の宿題に追われる毎日だった。中学校に合格したらもう勉...

教育コンサルタント、エフイーアイの栢原です。3年生・4年生ごろになって中学受験を意識する頃になると受験病を罹ったのではないかと思えるほど親も子も受験勉強に駆り立てられていきます。少しでも早く勉強させないと他の子供に後れてしまうと過度な受験勉強に子供を追いたてます。...

教育コンサルタント、エフイーアイの栢原です。今日は20年前からある「塾あるある」で、今も生き残っているものをが紹介します。①勉強しないといけない子にかぎって勉強しない②かなり優秀な生徒でも1科目でも極端な不得意科目があれば大変不利③いったん怠け癖がつくと回復に時間が...

 学年の枠を取り払おう 中学受験を考えている小学生の低学年をお持ちのお母さん。学校の点数より、学年枠を取り払った学習の仕方をしてみましょう。一般に、学校の枠を取り払った教科書の使い方をしている小学校はあまり見当たらないようです。1年生には1年生の教科書、6年生には6...

ひらめlき子供塾は2018年4月より募集を開始いたしました。 ひらめき子供塾のコンセプト ひらめき子供塾のコンセプトは「探究学習・発見学習で子ども達のワクワク・イキイキをデザイン。_21世紀型進学塾」この塾の最大の目的は「子ども達の発見」にあります。また、その「発表...

私が長年中学入試に携わっていた経験から、灘、星光、洛南、洛星、東大寺学園、西大和などのいわゆる難関中学に合格した子供たちの能力、学習姿勢、家庭環境、学校の様子などについてお話させていただきます。具体的なことは、親学セミナーなどを通してご紹介しようと思いますが、一般的にいえば...

記憶の原則① 細分化する覚えようとすることを大量にかつ1度に、何のアクセントもなく単純に暗記することは意外と難しいことです。まして子どもたちにとっては困難なことです。そこで、テーマーを絞り、大きくしたり、色を変えたり覚えさせたいことを細分化して、視覚に訴えると...

私立の小学校の先生に、「教える前に市販のテストをしてみてください。」とたのんでテストをしてもらったことがあります。先生は、たいてい、いつも指導した後でテストをするので子どもの取った点数は自分が教えた結果だと思いがちです。でも、子どもたちは教室で習う前に知っていた...

自分の価値観だけを押しつけて文句を言ってくる人がいると話では聞いていたのですが、ついに私の教室にも現れました。私の教室は四谷大塚の全国統一小学生テストの会場にもなっているのですが外部から申し込まれた方がこのクレーマーでした。四谷大塚の全国統一小学生テストは、無料で...

子どもの答のミスを責める前に「方法上の失敗の理由を知ろう」とんでもなく低い点数を取るようになってあわてて相談に見えられる保護者の方が少なくありません。算数で25点しか取れませんとか。算数の点数が25点以下になることは完全な落ちこぼれになった証拠のひとつかもし...

勉強のコツ_失敗するのがわかってよかったねミスを見つけた時、こんな言葉を子どもに言いませんか。「どうしてこんな簡単なところ間違えたの」でも、これが子どもを勉強嫌いにする原因の一つになっているのをご存知ですか。間違いをすることが発見されたとき、次は間違わないように...

「先生、私、上智大学に合格しました。」つい先日、卒塾生が教室を訪ねてくれました。彼女は中学3年生の時に、私の教室に通い始めました。小学校、中学校はフリースクールで過ごしました。「先生、高校は普通の高校に通いたいので、何とかなりますか?」ここから彼女との縁が始まり...

今日は国立附属中学の実際に出た入試問題に挑戦してみましょう。少しアレンジしてありますが、さすが付属池田です。次の4ケタの数字を使って10を作って下さい(例)1234  解答例 1+2+3+4(1)2345(2)5432次の4ケタの数字を使って24を作って下さい。(1)3333(2...

勉強のコツの第3回目エフイーアイの栢原です。今回の勉強のコツは「子どもの得意分野を見つけ、伸ばすこと」です。ささやかでもできることを認めることから指導を始めるとともに子どもの得意分野を探します。そして、その得意分野を活用しながら基本能力のアップを図ります。たとえ...

栢原義則プロのその他のコンテンツ

Share