まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
栢原義則

小学生の能力(脳力)開発のプロ

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

コラム

子ども達のワクワク・イキイキをデザインするひらめき子供塾

ひらめき子供塾

2018年6月9日

教育コンサルタント、エフイーアイの栢原です。

私の教室では今年からグローバル化・AI化社会に対応できる
「グローバル・エリート」「将来の起業家」を育てるひらめき子供塾の塾生募集を始めました。
講師の先生方も、国立大学で教鞭をとっていらっしゃる先生や1級建築士、博士など多彩なメンバーです。
皆さん、子ども達の為ならと有償ボランティアで子ども達の指導に当たって下さいます。

2015年ごろから、大学入試の改革が世間を賑わせ始めました。
実際は2010年ごろから下準備は始まっていたのですが。

その時に発表された内容を再掲しておきます。

ただし、2020年から始まる新しい大学入試がどの様なスタイルになるかは
まだ固まってはいないようです。


再掲
今、学習スタイルも変わろうとしています。
今回は◆センター試験廃止へ、文科省検討、複数回の新テスト、
  高2から学力把握。
---------------------------------------------------------------------------
 文部科学省は5日、大学入試センター試験を5年後をメドに廃止し、
>  高校在学中に複数回受けられる全国統一試験「到達度テスト」(仮称)
>  を創設して大学入試に活用する検討を始めた。大学志願者の学ぶ意欲を
>  引き出すことで高等教育の質を高め、国際社会で活躍するグローバル人
>  材の育成につなげる。1979年に始まった共通1次試験以降、1回の
>  共通テストが合否を左右していた大学入試が抜本的に変わることになる。
>  
>   政府は大学の教育・研究機能の強化を成長戦略に盛り込んでおり、入
>  試改革はその大きな柱となる。高校側が新たなテストへの対応を迫られ
>  るほか、受験ビジネスにも影響を及ぼしそうだ。
>   90年にスタートしたセンター試験は共通1次と同様に年1回の実施。
>  受験生を1点刻みでふるい落とす手段として使われ、基礎学力を測ると
>  いう当初の目的が薄れているとの批判があった。政府の教育再生実行会
>  議(座長・鎌田薫早稲田大総長)が6日から具体的な内容を協議。9月
>  をメドに、到達度テストの導入を含めた新しい大学入試のあり方を安倍
>  晋三首相に提言する。
>
>   到達度テストは高校2年生以上の希望者を対象に年2~3回実施する。
>  フランスの大学入学資格試験「バカロレア」を参考に、難易度の異なる
>  3種類程度のテストを用意する案が浮上しており、受験者は卒業後の進
>  路などに応じてテストを選ぶ。
>   大学への進学を希望する高校生は志望先に出願する際、最も良い成績
>  を提出する。大学はこれをもとに受験生を選抜。必要に応じて、筆記や
>  面接などの2次試験を実施し、多面的な評価で合否を判断する。
>
>   文科省は早ければ5年後の導入を見込んでいる。これと合わせて現行
>  のセンター試験は廃止する考えだ。高校卒業程度認定試験(旧大検)の
>  位置付けや浪人生の受験方法は今後検討する。
---------------------------------------------------------------------------
以上塾仲間の先生が送って下さったメールマガジンより転載

以上再掲

今までのように大学に合格さえすれば、後は名前が独り歩きする時代は過ぎ去ろうとしています。
現に、将来を見据えて子育てを考えている方々の中では
高校、大学から海外を視野に入れている方もいるようです。

合格することだけを目的とした知識の詰め込みと、受験対策だけで大学に進学できたとしても
そのあとの大学での授業に付いていけるかどうかも、ちょっと考えてみませんか。

私の知り合いの私立中学校の先生が言っていた言葉をまた思い出しました。
「今年もパンツのゴムが伸びきった学生が大手塾さんからたくさん入学してきたみたい。
大学入試に向けてまた一苦労だわ」(笑い)

第1期生を募集します。

9月からの正式スタートに向けて、第1期生を募集しています。
詳細はひらめき子供塾

こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴39年の実績で低学年から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

栢原義則

栢原義則(かやはらよしのり)

栢原義則プロのその他のコンテンツ

Share