まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
栢原義則

小学生の能力(脳力)開発のプロ

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

コラム

勉強のコツ_教室での指導は何点分?

ひらめき子供塾

2017年12月8日

私立の小学校の先生に、
「教える前に市販のテストをしてみてください。」とたのんで
テストをしてもらったことがあります。

先生は、たいてい、いつも指導した後でテストをするので
子どもの取った点数は自分が教えた結果だと思いがちです。

でも、子どもたちは教室で習う前に知っていたことがたくさんあるものです。

実施してもらった単元は忘れましたが、
指導前の平均点が70点、指導後の平均点が80点。

指導前でも100点を取る子どももいましたから、
その子にとっては、もしかしたら教室で新しく習ったことはなかった、
と言っても過言ではないと思います。

私の教えている教室では各自でドンドン先まで勉強するように指導していましたので
すでにできている子どももいることを私自身じゅうぶんに承知していました。

先生は、生徒が伸び始めると
「自分の指導の成果が現れ始めた」と思いがちです。

私の経験から、
子どもの成績そのものについても「家庭での導き」があってのことである場合も多いものです。

逆に、先生の知らないところでの学習や習い事が原因で、
子どもが勉強から外れていく(勉強嫌いになる)ということもあるのです。



いずれにしても、教室での指導をよくすることは大切なことですが、
それ以外の場についても気配りがないとよい指導はできません。
子どもを伸ばすことが難しくなります。

子どものいつもいる場を知っているのとそうでないのとでは、
子どもを指導する上で大きな差が出てきてしまいます。

お母さん、子どもの家庭での様子をしっかり見ていきましょう。

こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴39年の実績で低学年から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

栢原義則

栢原義則(かやはらよしのり)

栢原義則プロのその他のコンテンツ

Share