まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
栢原義則

小学生の能力(脳力)開発のプロ

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

コラム

振り回される子供たち_2_私のことはママに聞いて「前編」

エフイーアイ_イロハス

2013年12月25日 / 2014年5月23日更新

今日はクリスマス。
朝起きて、枕元にサンタさんからもらったプレゼントを見て
喜んでいる子供たちの姿が目に浮かびます。

今回は、振り回される子供たちの2つ目のエピソード。
-----------------------------------------
小学生の女の子のお話「前編」

この子は笑顔のかわいいとてもキュートな子。
英語も得意。学校の勉強も出来ます。

でも、国語の本読みはとても小さな声。
今日はどんなことがしたいと聞いても「したいことはない」
無表情でリアクションもあまりありません。

習い事も半端じゃないぐらい習っています。
1週間で習い事のない日はありません。
1日に2つの教室を掛け持ちがあたりまえ。

ママに送り迎えをしてもらっているので、
本人は時間に遅れたくないのですが
ママの都合で遅くなったり早くなったり。

お迎えも、教室が終わってから30分以上待たされるのがしばしば。
次の教室があるとき、時間が遅くなるとママのイライラが。

子供にいろいろなことを要求するママ。
子供のことが心配で心配で仕方がないママ。
教育熱心ではあるけれど自信のないママ。

ママに好かれたい子供。
ママに必死に答えようとする子供。

何処にでもある最近の親子の風景。

-----------------------------------------

次回は私のことはママに聞いて「後編」1年後のママと子供の物語



見出し:学びの感性を育む[[エフイーアイ]]
 
小学校低学年から高校生まで一貫した指導
一人一人の顔が見える少人数の教室だから
「できること」があります。
「国立大学に合格出来てよかったね!」
「将来の夢がかなってよかったね」
と笑顔で祝える日ををぜひ私達と共に迎えましょう!
2014年春、国立大学への脳力開発「京大プロジェクト」はじめます

こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴39年の実績で低学年から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

栢原義則

栢原義則(かやはらよしのり)

栢原義則プロのその他のコンテンツ

Share