まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
栢原義則

小学生の能力(脳力)開発のプロ

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

コラム

エフイーアイ・天才クラブ _能力を伸ばす_12

エフイーアイが目指すもの

2012年12月27日 / 2014年5月23日更新

ソフトボール部に自信過剰な生徒が入ってきました。
この生徒を四番にして試合に臨みました。
一番から三番までが連続してヒットを打ち、満塁になりました。
このとき、四番バッターがふるえだしたのです。
そして「私の代わりに代打を出してください」と叫んだのです。
自分は四番バッターだ。それなのに、ヒットを打てなかったら恥ずかしい。
そういう思いが、この発言になって出てきたのです。
そのとき、監督がいいました。「ホームランも三振も一緒だよ。思い切り振ってくればいいんだよ。」
信頼して任せることは大切です。



季節の変化にするどく気づく子どもと、ほとんど気づかない子どもがいます。
柿の木の花が咲いた。実がついた。黄色く色づいてきた。
このように、木や花を見る余裕がある子どもであってほしいものです。
できる子どもの多くは、季節の変化に気づいています。
たとえば、算数の応用問題で、文章のいいまわし、あるいは狙いを確実にキャッチできるのは、
季節の変化に敏感な子どもが多いのです。
共通していえるのは、どちらも違いが分かるということです。
親子で散歩して、花の名前を言いあうのから始めてはどうでしょうか。



1月より新年度生受付開始。
定員になり次第募集を終了いたします。
ご了承ください。

楽しいプログラムで「考える力」を育み
将来活かせる「才能」に結び付けていく
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール
体験授業をやっています。お気軽にご参加ください。
イロハス・クール
お子様に関するご相談は何なりと。
06-6764-4599 
エフイーアイ栢原(かやはら)まで


こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴39年の実績で低学年から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

栢原義則

栢原義則(かやはらよしのり)

栢原義則プロのその他のコンテンツ

Share