まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
栢原義則

小学生の能力(脳力)開発のプロ

栢原義則(かやはらよしのり)

進学塾「エフイーアイ」(FEI)

コラム

理科実験かロボットか?

9月に入って、体験授業の申し込みが増えてきました。
特に、低学年の方が多いです。(低学年専門だからあたりまえかな)
最近、年中児のロボット教室の体験・女の子の理科実験教室への体験が
目立ちます。ロボットも理科実験も体験したいと言うツワモノも。

そこで、教室からのアドバイス。
ロボットは指の力が必要なのと
最初はテキストを見ながら進めるので字が読めることが前提になるので
よほどレゴとかで鍛えている子でないと年中児ではまだ早いと思います。
年長児の9月以降から始めるほうがいいようです。
イロハスの理科実験は
本格的な実験もしたり、レポートを書いたりしますので
小学1年生には少し難しいようです。
低学年の間は
女の子は相対的に男の子よりしっかりしているので
理科実験に興味をもって楽しんでいるようです。
ロボット教室でも
最初はなかなかうまくできませんが、
一回自分で完成させると
次回からは驚くほどうまくなります。
5年生の女の子は
集中力がついて、勉強の仕方まで変わったとお母さんが言っておられました。
その子は現在、中学入試の関係で時間調整がつかず
休会していますが、本人は時間を見つけて是非続けたいと言っていました。

頭でっかちもいいかもしれませんが
やはり自分で体験したり体を使って経験した知識にはかなわないようです。


こどもの未来を教育の力で創り出す少人数制学習塾エフイーアイ

塾歴39年の実績で低学年から一貫した能力(脳力)開発で「学びの感性」を育む。
脳科学に基づいた独自の学習法「フェイス」で低学年から学力形成の基礎となる「地頭力(学習リテラシー)」を育み、先取りによるペーパー学習での点数主義の学習ではない「自ら試行錯誤し、考え抜く力」を鍛えるエフイーアイ

この記事を書いたプロ

栢原義則

栢原義則(かやはらよしのり)

栢原義則プロのその他のコンテンツ

Share