まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
廣岡保彦

労基署・年金事務所などの調査対策のプロ

廣岡保彦(ひろおかやすひこ)

廣岡社会保険労務士事務所

コラム

もっと高い残業代

残業代

2012年11月30日 / 2014年5月23日更新




前々回に、未払い賃金のことを書きました。

その中で、最も高額な未払いが出るケースとして、正社員の場合を書きましたが、これは一般の正社員の例です。

しかし、この中でも、もっと高額になる職階の人がいます。

それは管理職という職階です。

労働基準法では「監督または管理の地位にある者」は、時間外・休憩・休日の規定は適用しないとあります。
これらの人を「管理監督者」といいます。

つまり「管理監督者」なら、いくら時間外になろうが、休日出勤させようが、手当を払わなくても良いということです。

これを知っている、または昔からの慣例で「課長以上の管理職には残業手当は支給しない」としている企業が多数あります。

しかし、この法において「管理監督者」とは、一般的に使われている「管理職」とイコールではありません。まあ「管理職」という言葉の定義も曖昧ですが…。


では「管理監督者」とは、どういう人でしょうか?

条文に、きちんと定義を書いておけば、こんなことにならなかったはずなのに…。

裁判例などからすると、「管理監督者」とは、労働条件の決定や労務管理などで「経営側と一体の立場の人」をいいます。
役員でなければ、課長や部長・支店長・工場長・店長・チーフその他どんな名称を用いようと、名称とは関係がありません。

また、給与の面でも、役職手当などという低い額ではなく、かなり高額(残業手当を払った方が安いほど)の報酬が必要とされています。

それに加えて、出勤時間・休憩時間・休日など時間の裁量権などもあります。中小企業で言えば役員クラスです。

部長であっても、時間の裁量権がなければ、ここに言う「管理監督者」とは言えない場合が多いのです。


これらの点から、世間でいう「管理職」の大部分は、「管理監督者」ではないと思われます。

一時、テレビなどでも取り上げられた大手ファーストフード店の「名ばかり店長」もこれに当たります。


こんな人たちが、時間外労働をしたら、一般社員より給料が高いし労働時間が長いので、割増賃金が高くなるのは当たり前です。

管理職には手当を払っているから大丈夫だ、とは思わない方がよいと思います。

場合によっては、その管理職手当が、割増賃金の算定基礎に含まれるリスクもあるのです。



当社の管理職は、そんなことで文句を言ったりしない、と思っておられるかも知れません。

もちろんそんな人だから管理職にしているのでしょう。

業績が順調なときは、それでもいいでしょう。
でも、いつ何時企業の危機が来るかも知れません。
賃金の減額をしなければいけない事態もあります。

今まで、どんなことを言っていても、こと賃金に関しては、誰一人100%の満足はしていないのです。

未払い賃金の請求は、ほとんどの場合退職後です。つまり社長と話し合う機会がなくなってからです。

在職中は、将来の地位なども考えますから、あまり強く言えなくても、退職後、または退職を前提にしている場合は、請求しやすくなります。

未払い賃金の請求訴訟では、ほぼ100%会社の負けです。和解になっても、必ずいくらかは払わなくてはなりません。ゼロという結論はありません。


会社がこれを回避できる方法は「未払いを作らないこと」しかありません。


社内の環境または社員との関係が良いときにこそ、就業規則なり賃金規定を見直し、万一の場合に備えることも大事なことだと思います。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
充分注意はしておりますが、思わぬ勘違い、書き間違い、記憶違いなどがあるかも知れません。お気づきになりましたらご一報頂ければ幸いです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
年金事務所・監督署などの調査対策のプロ
社会保険労務士 廣 岡 保 彦(ヒロオカ ヤスヒコ)

大阪市中央区淡路町2-1-10 ユニ船場605号
電話:06-6231-2245(平日10時~18時)
FAX:06-6231-2200

ホームページ:http://www.hirooka-consul.com/ (ただいまリニューアル準備中です)
ブ ロ グ: http://ameblo.jp/hirooka-consul/
メ ー ル: hirm@nifty.com
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

この記事を書いたプロ

廣岡保彦

廣岡保彦(ひろおかやすひこ)

関連するコラム

廣岡保彦プロのその他のコンテンツ

Share

廣岡保彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6231-2245

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣岡保彦

廣岡社会保険労務士事務所

担当廣岡保彦(ひろおかやすひこ)

地図・アクセス

廣岡保彦のソーシャルメディア

rss
rss
2018-06-01

廣岡保彦プロのその他のコンテンツ