まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
若井義治

傾斜地に家を建てるプロ

若井義治(わかいよしはる)

grow design(グロウデザイン)

お電話での
お問い合わせ
06-4792-8631

コラム

失敗しないウッドデッキ

ウッドデッキ

2015年10月19日 / 2015年10月20日更新

「ウッドデッキ」って言葉、ご存知でしょうか?
みなさんすぐにお分かりになりイメージされたと思います。
ある資料を見ているとエクステリア建材の中でもウッドデッキは、売上げも年々上昇しているようで、
こんなところからも人気の度合いが分かります。
一方、インターネットを見ていると、ウッドデッキを作ったものの
なかなか上手く活用できていない方が多いのも現実のようです。

「失敗しないウッドデッキ」と題して掘り下げていくことにします。
1 目的 2 配置計画 3 素材とお手入れ  の順番で考えるとスムーズかも?です。 

1 ウッドデッキで何をしますか?

ウッドデッキを設置して、何をしようとしているのか?目的をはっきりさせることが大事です。
目的がはっきりしますと、配置計画や素材選びやお手入れ方法など、
具体的な提案をさせていただく事が出来ます。
A 家族や友人とバーベキュー
B 季節の良い晴天に野外テーブルでカフェ
C ガーデニングを楽しみたい
D 子供たちの遊び場として
E ペットを飼うスペース
F 洗濯物干し
などが、考えられます。

2 配置計画

ウッドデッキの目的に合わせて、配置計画をしていきます。
例えば、カフェテーブルや洗濯物干しなどは、人の目に触れたくないですよね。
なので道路に面した配置はしたくありません。
また、ガーデニングや洗濯物干しなどは、
日当たりを考慮するので南に面するのが理想です。
部屋や壁に囲まれた中庭にウッドデッキを配置すると、屋外リビングのような
本当にプライベートな空間になるでしょうし、部屋の窓を開放していても
視線も防犯も気にならないでしょう。

3 素材とお手入れ

素材とお手入れは、永遠の課題です。
素材を大きく分けると、木質系樹脂建材と木材に分かれると思います。
木質系樹脂建材とは、ショッピングモールの屋外部分にあるウッドデッキや
公共施設のウッドデッキなどでよく見かけます。メンテナンスが比較的フリーで
長持ちします。日焼けも木材よりしにくいでしょう。靴を履いていると気になりませんが、
夏の強い日差しを受けていると熱くなってヤケドするほどになるかもしれません。
木材はどうか?一般的に腐りやすいという印象をお持ちになると思います。
木材と言っても樹種はいろいろありますし、塗料も色々ありますから選択していかなければなりません。
電車の枕木のように、雨風を受け電車の重量を受けてる強い木もあります。
昔の枕木は栗だったそうです。
最近は、セランカンバツ・ウリン・イペなどがウッドデッキでよく使われる木です。
知っておきたいのは、木は空隙の少ない密度高いもの(重くて硬い木)ほど、腐りにくいと思います。
リビングの延長で、はだしでウッドデッキに出たりするときは、木材を使った方が肌触りが気持ちいいです。
小さい子供さんがいる場合は、塗料も自然素材のものを採用した方が良いでしょう。
高価になるかもしれませんが積み木などに採用される塗料など、口にしても害がないような物もあります。


リビングから出るウッドデッキ

トップ記事に掲載していただいている(写真建物) 
傾斜地住宅 「はぐくむイエ grass hat」 の実例で検証してみましょう!

1 子供の遊び場を目的にしています。

傾斜地住宅では、フラットなお庭を確保するのが難しいことが多いです。
そこで、リビングから出られる屋上にウッドデッキを設けました。
広さは、ビニールプールを置いても十分ゆとりがある4.5帖。屋根緑化部分もあるので、
視界は広がっています。夏はタープを取り付けて日影を作り、
快適に過ごせるように工夫しながら使ってくださっています。

2 リビングから出られる屋根の上にウッドデッキを配置しました。

子供が遊ぶお庭として計画しています。
リビングの大きな掃出し窓の向こうにウッドデッキがあり、日当たり良好です。
そしてお母さんはリビングから子供が遊んでいる様子を見ることが出来ます。
このウッドデッキは道路に面していますが、屋上緑化していることや室内からの眺望を楽しみたいなど、
建物全体のデザインを考え視線をさえぎる物を排除しています。
プライバシーについて検討と施主打合せを重ね、屋根の上にあることで
高さによるプライベート感覚は確保されている。ということで落ち着きました。

3 木製デッキを採用しました。

ここでは、セランカンバツにしました。
ウッドデッキによく使われています。硬くて重い木です。
木が腐りにくいように、自然塗料を塗っています。
子供は裸足でウッドデッキに出ます。寝転がったり、座り込んだりもするでしょう。
直接肌に触れるところなので、人工的な物より自然素材にこだわりました。
塗料もドイツ製の自然塗料です。人体に悪影響のないものを選んでいます。

この記事を書いたプロ

若井義治

若井義治(わかいよしはる)

若井義治プロのその他のコンテンツ

Share

若井義治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-4792-8631

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

若井義治

grow design(グロウデザイン)

担当若井義治(わかいよしはる)

地図・アクセス

若井義治プロのその他のコンテンツ