まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
鈴木圭史

労務リスクの改善のプロ

鈴木圭史(すずきけいじ)

ドラフト労務管理事務所

鈴木圭史プロのご紹介

意欲を持って働ける職場を設計(3/3)

会社の将来像を一緒に描きましょう

優良派遣事業者認定を取得して売り上げを伸ばそう

「意欲を持って働く職場環境を作りたい」。鈴木さんの思いを行動にした一つが「優良派遣事業者認定」のサポートです。鈴木さんは人材サービス業が得意な分野で派遣元、派遣先責任者講習の講師を担当しています。
全国に約7万5000社、大阪に約7000社あるという派遣会社ですが、中には▽契約書にない業務を強いる▽健康診断、社会保険未加入――など悪質な企業もあり、健全な企業との差別化のため2014年から認定制度が始まりました。
認定されるには▽人事考課制度の整備▽個人情報の管理体制など85項目のチェック項目をクリアする必要があります。全国で約140社しか認定されていませんが、鈴木さんがサポートした顧客の派遣会社が取得した実績があり、認定をめざす企業からサポート依頼の声がかかっています。
「派遣会社への愛社精神、帰属意識を持った従業員は多くはありません。しかし、派遣会社が人事考課をして、能力が高い人には派遣先と昇給の交渉をしたり、能力を発揮できる職場に派遣したりする会社であれば、意欲を持った有能な人材が集まります。そんな会社には、優良な企業から派遣の依頼が殺到します」
そういえば、個人情報の適正管理をする「Pマーク」、環境を守る「ISO」などを多くの企業が取得しており、社会で活動するために必要な資格、免許として定着しています。派遣先企業からこの資格を取得している派遣会社に優先的に声がかかることが将来的に出てくるでしょう。

最後に鈴木さんが事務所名に付けた「ドラフト」は英語の「draft」(設計図、線で描く、草稿)から発しています。「企業における様々な問題を解決するためのドラフトを提案したい」との経営理念が色濃く出ています。あなたはどんな職場環境、経営体制を心に描いていますか? 鈴木さんと一緒にリスク管理をし、会社の将来像を描いてみましょう。
(2016年6月取材)

3

鈴木圭史プロのその他のコンテンツ

Share