まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
大塚謙太郎

育ちの空間を考える保育園・幼稚園設計のプロ

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

ちびっこ計画/大塚謙太郎一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
06-4965-4365

大塚謙太郎プロのコラム一覧:保育園設計の考え方

私たち、ちびっこ計画が手掛けました「社会福祉法人里和 なのはな保育園」様をご紹介します。 保育所木質化の意義は大きいが、「温かみがあってよい」からと安易に採用できるものではない。ささくれ・節・反り・割れ等が、こどもたちの怪我の原因となるからだ。何よりも安全が優先される保育所...

 お昼前、庭先でカレーライス作りが始まった。実の詰まった硬い人参を、最後まで根気よく切るこどもたちの姿が印象的だった。大人が電話帳を切っているぐらいの感覚かと思ったりしたが、自分で何かを成し遂げる嬉しさを、こどもたちは感じているのだろう。不揃いの野菜がたっぷり入ったカレーを、...

 土や緑の少ない都市部でも、いのちに触れる体験をしてもらおうと、建築設計の傍ら、兵庫の都市部で、保育所ビオトープづくりに携わっている。本ワークショップの第2回でご紹介した「N保育園」もそのひとつで、保育士、法人理事の皆さんによるワークショップで図面を描き、池、水路、棚田を、こど...

 「20人にしているんです。これより多くなると、こどもたちが1日をどう過ごしているか、わからなくなるんです。」くじら雲の定員を尋ねたとき、依田さんは、このような答えを返されたと記憶している。法定の最低基準に従って保育士数や、児童数を決めている、大方の保育所とは違い、明確な目的を...

『叱りをデザインする』 その2 時として、「叱って」はならない場面もある。私は、都心部の子どもたちの環境に、ビオトープを普及させる活動に参加している。保育園で子どもたちと一緒に池を掘り、メダカを放流したときのことだ。「めだかさん、すくってみい。」というと、池の周りに座った子...

『叱りをデザインする』 その1 「それは、やめてください。吹き抜けなんてもってのほかです。」  ある保育園での設計打ち合わせでのことだ。手すり越しに子どもが物を落とし、階下にいる子どもにあたって怪我でもしたら、父兄に申し訳が立たないと、園長は言った。 私は、保育園をはじめ...

段差を活かす園舎計画・・・おわりに 段差は人間の行動を制限するから、福祉のまちづくり条例などバリアフリーやユニバーサルデザインの考え方に反する部分がでるので、各々のケースに応じて、園児の受入れ場所や、それに至る動線検討が重要であることは言うまでもない。しかし、人間の行動に...

『いくつかの試み』 写真1は、事務所ビルに保育所を入れた事例である。共用部への既存鋼製防火戸の踏み込みの段差を活かしたコーナーを設えた。段差は150mmで、床には厚めのコルクタイルを使った。円形であるため、こどもたちの視線は、自然に隅に座る保育士の方に向かう。設計打合せでは...

『くじら雲の記憶』 長野県にある「NPO法人 響育の山里 くじら雲」をお訪ねしたことがある。養蚕民家がそのまま認可保育所に転用された事例だ。 庭先にある焚き火コーナーが素晴らしい。かまどを中心にして、園児30人ほどが輪になって座れる一段高くなった環状列石があり、廻りは緩やかな勾...

『平地が少ない』 大都市やその近郊では、いまだに解消されない待機児童がいるため、さらなる保育所の設置が進められている。しかし、広大な土地があてがわれることは稀で、雛壇上の造成地を数筆まとめたものだったり、広くても斜面地であったりして、新築といえども一筋縄ではいかない条件であ...

私、大塚も執筆に参加している、新建築家技術者集団の月刊誌「建築とまちづくり」に連載中の『設計者からみた子どもたちの豊かな空間づくり』というコーナーの第14回目を更新アップしましたのでご紹介させていただきます。 保育所の草創期から 現在を省みる ~空間の豊かさという部分を捉...

 保育園をはじめとする、こどもたちのための建築を手掛ける全国の有志で結成したチーム「わいわい子ども広場」が、『設計者からみた子どもたちの豊かな空間づくり』と題して、新建築家技術者集団の月刊誌「建築とまちづくり」に連載することになりました。  当、ちびっこ計画・大塚謙太郎一級...

先日のコラムでもご紹介しましたが、大阪産の木材利用促進の目的で、保育所に内装木質化の補助金を出す制度、「一園一室木質化運動」を推進されている、大阪府環境農林水産部様からのご依頼で、大阪木材仲買会館で開催された、「木のぬくもりネット」サポーターセミナーで、お話しさせていた...

既製品のベビーサークル(写真7)は、低年齢児の現場ではよく使われているが、やはり檻の中にこどもを入れているようで、抵抗を感じる先生方もおられるようだ。▲写真7この事例のように段差を上手く用いれば、保育上のマイナスイメージを払拭する一助にもなる。設計者としては、低年齢児室に...

平成24年11月17日から19日にわたって、千葉県の和洋女子大学で行われた、第28回新建築家技術者集団全国研究集会で、発表させていただきました。第B9分科会 保育教育施設の整備テーマ 段差を活かす園舎計画大阪支部 大塚謙太郎【平地が少ない】 大都市やその近郊では、いまだ解消されない...

大塚謙太郎プロのその他のコンテンツ

Share

大塚謙太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-4965-4365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚謙太郎

ちびっこ計画/大塚謙太郎一級建築士事務所

担当大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

地図・アクセス

大塚謙太郎のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-03
facebook
facebook

大塚謙太郎プロのその他のコンテンツ