まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
大塚謙太郎

育ちの空間を考える保育園・幼稚園設計のプロ

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

ちびっこ計画/大塚謙太郎一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
06-4965-4365

コラム

日々の雑感:美しくない表現

日々の雑感

2013年5月2日 / 2013年10月23日更新

 わが娘「おんちゃん」は、私が仕事に忙殺されている間に3歳になった。まわりの人から「2歳が一番かわいいのよ」と言われていたので、3歳になるとかわいくなくなるのかと思いきや、以前より増してかわいいではないか。その美貌はさらに磨きがかかっている様子で、ハゲあがっていた頭も、今や豊かなロングヘアーである。そのすべてが美しいと言いたいところだが、最近、美しくないことをやり始めたため悩んでいる。
 なんと、はなくそを食べ始めたのである。ロングヘアーがはなくそを食べているのである。私も、液状のものは飲んでしまうことがままあるので強く出られないのだが、それにしても固形はさすがにない。自分のこどものころを思い返してみても、これはない。味わいは「無糖塩キャラメル」のような感じか。何度か本人に、「おいしいのん?」と聞いてみたが、半わらいで「おいしいない。」と答えるのみである。この「半わらい」がポイントである。「半わらい」で言うということは、レディーとして甚だよろしくないということを、理解しているに違いないのだが、その照れぎみの「半わらい」がこの上なくかわいいので、私もつい流してしまっている。
 しかし、やはりレディーとして少しまずいのではないかと考え直し、仕事でお世話になっている保育士の先生方に、理由として何が考えられるか聞いてみた。すると「捨てるのが邪魔くさい」説が浮上した。ティッシュペーパーを取りに行って、ふき取って、丸めて、ゴミ箱に入れる、という一連の作業が、そのまま口に入れるだけで済んでしまうから楽だというのである。ゴミもティッシュの減りも少なくてよいという。何ともエコで合理的な考えである。
 仕事がら、照明はLEDにして節電しましょうだの、太陽光発電でエコを実践しましょうだのと吹聴している私にとっては、まさかのエコである。

 3歳になって、保育園のクラスが「お姉ちゃん組」に変わった。以上児は縦割り編制の園でお世話になっているので、急激な環境の変化にストレスを感じているようだ。当分の間、はなくそは大目に見ることにしよう。異年齢のこども社会で揉まれ、これからの成長が楽しみである。
(大塚謙太郎)

●---------------------------------------------●
保育園・幼稚園・認定こども園の設計専門
ちびっこ計画 / 大塚謙太郎一級建築士事務所
●---------------------------------------------●

この記事を書いたプロ

大塚謙太郎

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

大塚謙太郎プロのその他のコンテンツ

Share

大塚謙太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-4965-4365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚謙太郎

ちびっこ計画/大塚謙太郎一級建築士事務所

担当大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

地図・アクセス

大塚謙太郎のソーシャルメディア

rss
ちびっこ計画の日々
2018-09-20
facebook
Facebook

大塚謙太郎のソーシャルメディア

rss
ちびっこ計画の日々
2018-09-20
facebook
Facebook

大塚謙太郎プロのその他のコンテンツ