まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舩曳泰孝

発達障害の治療と支援のプロ

舩曳泰孝(ふなびきたいこう)

生き方改革塾

コラム

得か損かで考える考え方

発達障害理解と支援

2017年12月23日

塾内カリキュラム内では発達障害とオンラインの相性の良さについて伝えているのですが、その際によく使う例として、「どっちが得か損か」という話をさせてもらうと響くことが多いです。



今回は事例をあげながら、発達障害の方の世界の見え方を伝えてみたいと思います。



発達障害にとっての分かりやすさ
これまで既に、発達障害をお持ちの方が「曖昧さが苦手」ということについてお伝えしてきました。



これは、かなり多くの発達障害をお持ちのお子さんに当てはまるようです。



そのため自己判断を求められたり(『あなたはどう思うの?』など)、普通であることを要求されたりすることは非常に抵抗感と、理解力の点で受け止めにくいようです。



結論から言うと、
続きはこちらから


関連記事はこちらから

発達障害治療プログラム受講者の声はこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発達障害の治療と支援【生き方改革塾】
代表 臨床心理士 舩曳 泰孝(ふなびき たいこう)

公式LINE@           
https://line.me/ti/p/%40pzl5581m

お問い合わせ先
info☆ikikai.net
(実際送付される場合は☆を@に変えてお送り下さい)

この記事を書いたプロ

舩曳泰孝

舩曳泰孝(ふなびきたいこう)

舩曳泰孝プロのその他のコンテンツ

Share

舩曳泰孝プロのその他のコンテンツ