まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
馬場孝夫

企業で「技術」と「経営」の融合を進めるプロ

馬場孝夫(ばんばたかお)

ティーベイション株式会社

お電話での
お問い合わせ
06-6324-7001

コラム

人生90年時代

2013年3月8日

少し前の新聞に、各都道府県別の平均余命の統計結果が出ていて長寿県が、男女ともに長野県だ、との報道がされたのが記憶に新しいですが、それに関連した記事を見つけました。

人生90年時代」は到来するか -「平成22年都道府県別生命表の概況」より (ニッセイ基礎研究所)

私事で恐縮ですが、先月、父をなくしました。85歳でした。男性の平均余命が80歳程度なので、平均より長生きをしたと思います。また、統計によれば、がん等の死因ベスト3が取り除かれれば、あと7年強寿命が延びるとのこと。ということは、順調にいけば、ゆうに90歳を超える寿命の時代になってきたようです。

身近な人を亡くすと、人間の寿命というこもを考えます。そして、自分には、あとどのくらい寿命が残っているのかということも。

私は、今年還暦を迎えるので、ということは、平均的に見て、あと20年の残寿命。幸いにして、三大死因とんされる病気にならなければ、あと27年程度。こう考えてみると、あと、自分が30代後半から今までで過ごしてきた時間が、たっぷりと残っているということがわかります。

そう考えれば、もう定年で、人生も終盤などとはいっておれません。まだまだ活動できますし、楽しい人生を過ごすこともできるはず。

要は、気持ちの持ち方次第、ということになりますね。

この記事を書いたプロ

馬場孝夫

馬場孝夫(ばんばたかお)

馬場孝夫プロのその他のコンテンツ

Share

馬場孝夫のソーシャルメディア

rss
製造業IT戦略ブログ
2014-04-23
twitter
Twitter
2018-12-17
facebook
Facebook

馬場孝夫プロのその他のコンテンツ