まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
遠藤信行

会社が変わる企業財務コンサルのプロ

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

お電話での
お問い合わせ
06-6885-1563

コラム

会社にお金が残らない⑤ ミッション ビジョンでお金の使い道が決まる。

資金繰り

2017年11月2日 / 2018年9月22日更新

おはようございます。

中小企業の未来を創る財務パートナー
財務コンサルタント FP の遠藤信行です。

前回は、お金に対する潜在意識のお話をしましたね。





それで終わるつもりだったのですが、コラムを読まれた方から、
「ミッション ビジョンって一体何?」
というご質問がありましたので、もう1回追加させて頂きます。

ミッションは、「使命・目的・会社の存在意義」を意味します。
ビジョンは、「目標(長期的な未来像)」を意味します。
順番としては、ミッションが先に来ます。


①ミッションで会社の存在意義・使命を決めて、
②そのミッションを達成するために10年後、
会社はどのような目標を描いているか?
どのような未来像を描いているか?

このような事を決めます。


①のミッションが会社のl軸です。
「そもそもわが社は何のために存在するのか」

このことを確認するのが、ミッションです。

例えば、自社が「印刷屋」なら、
何故ウチのお客様は他社ではなく、自社に来られるのか?

①安いからなのか?
②使い勝手が良いからなのか?
③品質に満足されているからなのか?
④注文してからの納期が早いからなのか?
⑤社長が好きだからか?

色々あると思いますが、これらをお客様の視点から分析すると同時に、
社長(自社)自身の価値観(やりたいこと)を明確にする必要があります。

さらに、そのミッションを達成するために、10年後会社は
どのような目標を描いているのかを示すのがビジョンです。
ビジョンは会社の10年後達成する目標です。
マイルストーンです。

そして、会社のお金は、このビジョンを達成するために
使うのです。

目標達成のために使う。

そうすれば、無駄なお金は使わなくなります。


つまり、ミッション・ビジョンで会社の軸と方向性が決まれば、
会社のお金の使いみちが決まるのです!



財務体質改善・資金繰りについて、ご相談を承ります。

中小企業の未来を創る「財務パートナー」
財務コンサルティング
有限会社エーエスシー

http://www.asc-s.jp/

この記事を書いたプロ

遠藤信行

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

遠藤信行プロのその他のコンテンツ

Share

遠藤信行のソーシャルメディア

facebook
Facebook

遠藤信行プロのその他のコンテンツ