まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
浅野容子

事業継承・相続対策を共に考える税金のプロ

浅野容子(あさのようこ)

浅野会計事務所

コラム

子ども手当制度 

2010年6月16日 / 2014年5月23日更新


初めてコラムを書きます。これからもちょっとした豆知識や色んな事を載せていきたいと思いますので、宜しくお願いします。
まずは、4月1日に施行され、この6月より支給が開始されている「子ども手当制度」について簡単にお知らせします。

(子ども手当制度)
・ 平成22年4月分から、これまでの「児童手当」に代わり「子ども手当」が支給されます。

・ 支給月は6月、10月、2月 です。

・ 中学校修了までの子供一人について、月額13000円が支給されます。(平成23年度からは月額26000円支給予定。)

・ 中学校修了までの子供とは、15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者です。

・ 所得制限はなく、保護者が日本在住であることが要件になっており、日本国内に住んでいる外国人で子供のいる人も対象となります。逆に日本人の子供でも、両親が海外に住んでいる場合は支給されません。

・ 現在「児童手当」を受給しており、平成22年3月31日時点で小学6年生までの児童のみを養育している人は、手続きの必要はありません。

・ 所得制限等により「児童手当」を受給していない人や、平成22年4月1日以降、新中学2、3年生の子どもを養育している人は、手続きが必要です。もし、「子供手当て請求のご案内」が届いてない場合は「対象外」になってないかご確認ください。 又、子供手当ては2010年9月30日までは特例的に過去の分を遡って受給できますので、最低でもその頃までには申請しておいてください。

最近では、韓国人男性が544人の養子縁組分を申請し、544人の監護・保護をすることは不可能との見解で、却下されたことがニュースになっていましたが、正しく受給し、子供たちのために正しく使ってほしいものです。

この記事を書いたプロ

浅野容子

浅野容子(あさのようこ)

浅野容子プロのその他のコンテンツ

Share

浅野容子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6303-0010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅野容子

浅野会計事務所

担当浅野容子(あさのようこ)

地図・アクセス

浅野容子プロのその他のコンテンツ