まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中谷昭子

住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-955-8883

コラム

玄関ドアの断熱性能 新築一戸建ての玄関選び

家の快適性を考える時、「夏は涼しく、冬は暖かく」という表現がよく使われます。快適かつ省エネ効果の高い家を建てる際に、建物の断熱性と気密性は重要なポイントとなります。窓と同様、玄関も熱の大きな出入り口のため、その断熱性能はとても重要になってきます。

玄関も断熱性や気密性が必要

玄関は、人の出入りとともに熱も出入りする大きな場所です。夏涼しく冬暖かい快適な家を建てるために、窓と同様、玄関の断熱性や気密性も重視して家づくりをする必要があります。断熱性と気密性を高めることで、真夏や真冬のエアコンの効率も上がり、家全体の省エネルギー効果が高まります。

さまざまなタイプから選べる玄関ドア

玄関ドアにはさまざまな種類があります。片開きドアや親子ドア、観音開きのドア、引き戸などです。

片開きドアは、名前の通り片方に開く一枚扉のことです。

親子ドアは、片開きドアのすぐ横に、片開きドアよりも幅の狭いドア部分がついていて観音開きになっているタイプです。普段は大きな扉の方を使いますが、大型の荷物を搬入するときなどに幅の狭い方の扉を開けて開口部を広げることができます。

間口が広い場合は、両開きの観音開きのドアを採用することができます。重厚感もありますし、両方のドアを開け放したときは開放感もあります。

また、日本家屋で良く見られるのが引き戸タイプの玄関です。格子の引き戸に単一ガラスをはめたような昔ながらの玄関の引き戸は、気密性が低く隙間風が入ってくるほか、ガラス面の断熱性が低いため、外気の影響を受けやすいと言えるでしょう。

最近では、断熱対策を施した玄関ドアや扉が多数、提案されています。玄関ドアの本体に断熱材、ドアの枠に断熱樹脂や気密材を用いたものなどがあります。窓が付いたタイプの玄関ドアであれば、窓の部分に複層ガラスなどを使っているものがあります。また、引き戸タイプであっても断熱性のある扉が充実しています。

さまざまな条件や環境によってあらゆるケースが想定されますが、断熱性能を高めるために断熱性能を備えたドアで、断熱性と気密性を高めることができます。国の定める「次世代省エネ基準」では、日本全国を気候条件に応じて市町村ごとにI~VIの地域に分けて基準値を示し、それぞれの地域の気象条件に応じた住宅建築が求められています。この省エネ基準は、2020年までにはすべての新築住宅・建築物の適合義務化が予定されています。

断熱性や気密性に加え通気に配慮することも

立地条件や周辺環境により、室内の結露やカビの発生を抑えるために玄関から風を取り込まなければならない場合もあります。そういった場合、玄関を閉じた状態のまま通風することができるタイプのドアを採用することができます。ただ単に気密性を高めることが、夏涼しく冬暖かい家を実現する唯一の方法ではありません。

前述したように、デザインによっては和タイプ、洋タイプ、さらには引き戸タイプなどさまざまなバリエーションがあります。

地域の気象条件のほか、採光や通気、断熱性や気密性のほか、防犯や操作性などいろんな角度から検討し選ぶ必要があります。

玄関は家の顔とも言えますので、家全体とのバランスを考え、デザインについても選ぶ楽しみがあります。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

中谷昭子

中谷昭子(なかたにあきこ)

中谷昭子プロのその他のコンテンツ

Share

中谷昭子プロのその他のコンテンツ