まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中谷昭子

住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-955-8883

コラム

新築を建てるときの窓選び 断熱性・気密性を高めるポイント

「自然光を室内に採り入れる」「室内の換気をする」「眺めを楽しむ」など、窓は住宅の重要な役割を果たしています。同時に窓には、断熱、防音、結露防止、防犯など「守る」機能や性能も必要とされます。

窓を構成するサッシとガラスには色々な種類があり、用途や目的に応じて組み合わせを選ぶことができます。

建物の外壁の2~3割の面積を占める窓は、デザインのみならず、必要な機能・性能とのバランスを考えて慎重に選ぶことが大切です。

窓の種類と選び方

採光や換気など窓は大切な役割を担っていますが、室内の快適な温度は、窓から失われることも多いのです。壁などに断熱材を施しても、断熱性に欠ける窓から室内の熱が外に逃げてしまいます。

そして窓の形状は、気密性に大きく影響します。なかでも、熱損失が大きいのは気密性が低い引き違い窓です。引き違い窓などの気密性を上げるためには、サッシ=窓枠を見直すことも重要です。

断熱性の高い順番から見ていくと、「木製>樹脂>アルミ・樹脂複合>アルミ」の順番になります。

材質別に見ると、現在最も普及しているのはアルミサッシです。アルミサッシは軽くて耐候性、耐久性に優れている一方で結露しやすいというデメリットがあります。

最近注目されているのが硬質塩化ビニール樹脂のサッシで、防音性や断熱性が高く、結露を防ぐことができます。樹脂とアルミの両方のメリットを兼ね備えたアルミ樹脂複合製品もあります。

木製サッシはアルミサッシの登場で一時あまり見ることが少なくなりましたが、木材の持つ特徴である断熱性や、デザイン的な質感が優れているため、最近、耐候性を高めた製品や、樹脂やアルミとの複合製品も提案されています。

ガラスの種類と選び方

サッシと並ぶ窓の重要な要素がガラスです。

以前は、単板ガラス(一枚ガラス)が主流でした。現在は、2枚(ペアガラス)あるいは3枚(トリプルガラス)の板ガラスの間に空気層を設けた複層ガラスが普及しています。

ガラスとガラスの間に、アルゴンガスやクリプトンガスを封入したガス入りの複層ガラスも提案されています。断熱性の高い順番に「真空>クリプトンガス>アルゴンガス>空気」の順になります。

また、表面に特殊なコーティングを施し、太陽の熱を遮る遮熱性や紫外線カットの性能を持たせた「Low-Eガラス」を用いたLow-E複層ガラスもあります。

こういったガラス窓を採用することによって、窓辺に高い断熱性能を期待できます。

住宅の外壁の表面の2~3割の面積を占めるとされ、住宅の外からも見られる窓はそのデザインも重要ですが、それと同時に気密性や断熱性に優れたものを採用することで、快適な住空間を実現することができます。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

中谷昭子

中谷昭子(なかたにあきこ)

中谷昭子プロのその他のコンテンツ

Share

中谷昭子プロのその他のコンテンツ