まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中谷昭子

住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-955-8883

コラム

ロフトのある新築一戸建て 熱がこもるロフトの断熱方法は?

家の中で落ち着ける隠れ家的な場所として、あるいは屋根裏の収納として、ロフトはアイディア次第で様々な用途に利用できる便利なスペースです。

しかし断熱対策の施されていない一戸建て住宅のロフトは、夏場は暑く物を置く場合も注意が必要になる場合が多々あります。

新築の際にロフトの設置を考えている場合は、断熱対策をしっかりと施すことで、使いやすくより快適な空間に仕上げることができます。

便利なロフト

ひとり静かに読書や趣味に耽るプライベートスペースとして、子供たちの遊び場として、あるいは季節の衣類や色々な物の収納場所として、一戸建てのロフトは室内のスペースを有効活用しながら様々な用途に利用できる便利な空間です。

温度・湿度の問題点

一戸建てにロフトを設置した問題点としてよく挙げられているのが、ロフトに暑さと湿気がこもって特に夏はサウナのようになりやすく、収納として使用する場合でも高温に弱い物は置けず、カビも発生しやすいという点です。せっかくロフトのある便利な生活を思い描いていても、実際に使えないスペースとなってしまっては意味がありません。

ロフトの断熱対策

ロフトの暑さ・湿気対策として、エアコンや換気扇を設置して室温や湿度を調整するのが最も手軽な方法でしょう。しかし温度や湿度を見ながら機器を調節したり年中つけっぱなしにしたりするのでは、経済的にも環境的にも良くありません。

単純に換気口や換気扇を設けるだけでは不十分で、逆に結露やカビの発生を促すことにもなりかねないので注意が必要です。一戸建てを新築する際のロフトの暑さ・湿気対策として有効な手段は、屋根や天井に断熱対策を施すことです。

特に天気の良い夏は屋根の温度が60度や70度を超えるような場合もあり、正しい断熱対策が取られていない家では、その熱が室内にも入り込んで来ます。その対策として一般的なのが、「屋根断熱」と「天井断熱」の2つの方法です。

天井を貼らずに屋根の勾配をそのまま利用する場合は、屋根からの熱気がそのまま伝わります。そういった場合の断熱対策として施されるのが、屋根断熱です。屋根の勾配に合わせて断熱材を施すので、形状が複雑な屋根は断熱工事が難しくなる場合もあります。

天井断熱は天井の上に断熱材を敷く方法です。施工方法が簡単なので、手間がかからず、コストもおさえることができます。

私ども「アンハウス」では、セルロースファイバーを断熱材として採用しています。セルロースファイバーは、新聞紙などパルプをもとにした断熱材です。パルプは木から作られますので、セルロースファイバーは木質繊維の特性を生かした断熱材となります。

1本1本の繊維の中に空気胞があり、この空気胞の存在により熱や音が伝わりにくくなります。また無垢材のように吸放湿性があるので、適度な湿度をもたらしながらも結露を防ぐこともできます。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

中谷昭子

中谷昭子(なかたにあきこ)

中谷昭子プロのその他のコンテンツ

Share

中谷昭子プロのその他のコンテンツ