まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中谷昭子

住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-955-8883

コラム

1階に駐車場がある新築一戸建ては耐震性が低く地震に弱い?

車好きの方は、家中から愛車を眺められるビルトインガレージを希望される方が多いです。また、敷地面積の都合により、建物の1階を駐車場にして、木造3階建てにされる方も多いです。
その場合、注意しなければならないのは、建物の1階前面に広い開口部が必要な為、1階前面に耐力壁不足を起しがちです。特に、2台並列のガレージの場合は、家の前面に占めるガレージの幅が広く、そのままで家を建てると、平面的にも、立面的にも耐力壁のバランスの悪い建物になりがちです。

バランスの取れた構造


ビルトインガレージのある家でも、平面的に、立面的に耐力壁のバランスを取るようにして、設計すれば、十分に耐震性の高い建物を建てることが出来ます。
ガレージの入口の近くに強い耐力壁を集中的に設けるか、開口部であるけれど耐力壁になる耐震開口フレームを設けるなどして、建物の1階の前面に耐力壁を設けるようにします。
その際、工夫をして、耐力壁を増やしたつもりでも、感覚に頼るのでなく、構造計算で、偏芯率(平面的なバランス)及び剛性率(立面的なバランス)を確認する必要があります。

構造計算の重要性


建物は、来る東南海地震に備えて、法定基準値以上のレベルで耐震性を確保されたいと誰もが思うことです。なので、木造2階建ての構造計算無しの建物は不安が多いです。その事を考えると、構造計算が必須になります。
ここで、構造計算の目的ですが、何の為に構造計算をされるかご存知でしょうか?それは、構造的に弱い部分を探し、それを補強することです。建物全体の強度は、構造的に最も弱い部分で決定されます。建物が大地震や強風を受けた時、先ず最も弱い部分が破壊されます。そこから建物全体を崩壊させていきます。従って、建物の最も弱い部分を補強し続けることで、建物全体の強度を上げることができるのです。

「弊社の建物は、こんな強い壁を使用しています」とか、「弊社の建物は、金物工法を採用しています」「弊社の建物はW配筋の基礎をしています」という謳い文句を掲げ、部分的に強い構造の仕様を強調される住宅会社も見かけますが、前述の通り建物の構造は最も弱い部分で決定されることを考えると、部分的に強くてもあまり意味がありません。むしろ強過ぎる部分があると、強い部分の引っ張る力が大きいため、その部分に繋がる他の部分も併せて強度を高めるのでなければ、その部分が弱点になりかねます。

建物の構造全体のバランスを重んじ、弱い部分を出さないためにどのようにしているかをお客様にしっかりと説明できる住宅会社を選ぶべきです。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

中谷昭子

中谷昭子(なかたにあきこ)

中谷昭子プロのその他のコンテンツ

Share

中谷昭子プロのその他のコンテンツ