まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中谷昭子

住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-955-8883

コラム

L字型は耐震性が弱いって本当?失敗しない新築家づくり

L字型住宅は、日当たりや周囲の建物などの立地条件を考慮に入れながら、限られた敷地を無駄なく有効活用できるデザインのひとつです。
ロの字型同様、L字型住宅も耐震性が低いと言われていますが、前回ご紹介した木造建築の耐震性を高めるための基本的ポイントに加え、他にも色々な工夫や対策があります。
そして建物の耐久性・耐震性を高めるために最も重要なポイントのひとつは、建物を支える「基礎」にあります。

スペースを有効活用できるL字型住宅


限られた広さの敷地に、住居と庭や駐車スペースをバランスよく配置するためのひとつの解決策が、L字型住宅です。

L字に囲まれた外のスペースを建物で道路側から目隠しすることでプライベート空間として利用することもでき、また、どの部屋からも眺めを楽しめる間取りにするなど、デザインや配置次第で限られたスペースを有効活用しながらも機能的な住宅に仕上げることができます。

さらに方角を考慮に入れて設計すれば、各部屋への十分な採光も確保できるでしょう。室内のL字にあたる部分も、家族団らんのための広々とした共用スペースにしたり、ふたつの目的の異なる部屋をひとつづきのスペースとして利用するなど、工夫次第で様々にデザインできます。

耐震面から見たL字型の弱点と対策

L字型、コの字型、T字型など平面形状(真上から見た建物の形状)が不整形の建物は、その境界部に大きな負担が掛かることによりひずみやねじれが生じやすく、シンプルな長方形の建物に比べ一般的に耐震性が弱いとされています。

前回は、耐力壁や剛床による水平方向に対する強度アップを対策のひとつとして挙げました。この対策によって建物のねじれを防ぐ効果があるのですが、その他に建物全体を支える「基礎」も建物の強度を左右する大きな要素のひとつです。

基礎を固める


基礎は建物全体を支える大切な部分であるため、その形状や使用する鉄筋及びコンクリートは建物の耐久性・耐震性を大きく左右します。

鉄筋コンクリートを使用した基礎であることはもちろんですが、耐震面を考えると、床面全体に格子状に鉄筋を張るベタ基礎の方がおすすめです。

ベタ基礎は軟弱地盤や不同沈下に強く、さらに鉄筋の間隔を短くするなどの鉄筋量を増やすことで、強度を高めることができます。床下に鉄筋コンクリートを敷き詰めるベタ基礎は、地中から床下に侵入する湿気をシャットアウトするため、土台部分や柱と土台の結合部分を白蟻が食する危険性を低減させる効果もあります。

基礎は、家が出来上がってからでは、見えにくくなる部分ですが、建物がしっかりと立っていられるのも基礎があってこそなので、押えておいていただきたいポイントのひとつです。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

中谷昭子

中谷昭子(なかたにあきこ)

中谷昭子プロのその他のコンテンツ

Share

中谷昭子プロのその他のコンテンツ