まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
中谷昭子

住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-955-8883

中谷昭子プロのコラム一覧

家の快適性を考える時、「夏は涼しく、冬は暖かく」という表現がよく使われます。快適かつ省エネ効果の高い家を建てる際に、建物の断熱性と気密性は重要なポイントとなります。窓と同様、玄関も熱の大きな出入り口のため、その断熱性能はとても重要になってきます。 玄関も断熱性や気密性が必要...

年間を通じて快適な暮らしを実現するために、住宅の断熱は欠かせないものです。住宅上部の屋根と天井部分の断熱方法として「天井断熱」と「屋根断熱」の大きく2通りのやり方があります。天井断熱は、最上階の天井の上部に断熱材を敷く方法で、屋根裏は屋外扱いとするため、適切な通気・換気と防...

「自然光を室内に採り入れる」「室内の換気をする」「眺めを楽しむ」など、窓は住宅の重要な役割を果たしています。同時に窓には、断熱、防音、結露防止、防犯など「守る」機能や性能も必要とされます。窓を構成するサッシとガラスには色々な種類があり、用途や目的に応じて組み合わせを選ぶこ...

住宅の外部の気象環境に関わらず、室内を快適な空間に保つために欠かせないのが断熱です。断熱は住宅の寿命にも大きく影響を与える重要な要素です。断熱には外断熱と内断熱の大きく2通りの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、外断熱と内断熱のメリットを合わせ、...

居住空間をできるだけすっきりさせて、普段使わないものは屋根裏収納へ置いておきたい。そのようなメリットを念頭に、新築の際に屋根裏収納もデザインに含めて欲しい、という要望が増えています。陽光の当たる屋根の真下という場所の特性から、真夏は温室やサウナのようになってしまうケースも...

家の中で落ち着ける隠れ家的な場所として、あるいは屋根裏の収納として、ロフトはアイディア次第で様々な用途に利用できる便利なスペースです。しかし断熱対策の施されていない一戸建て住宅のロフトは、夏場は暑く物を置く場合も注意が必要になる場合が多々あります。新築の際にロフトの設...

一戸建てを新築する際、住宅の断熱も考慮に入れるべき重要ポイントのひとつです。建物の一階の床下から熱が逃げるのを防ぐ方法として、床断熱と基礎断熱の二通りのやり方があります。それら2つの工法には、それぞれのメリット・デメリットがあります。 床下断熱の必要性 四季のはっきりし...

耐震性の高い家を建てるために構造計算は欠かせません。しかし、一般的な2階建て木造住宅は、構造計算ではなく「壁量計算」 と呼ばれる計算方法によって建てられているケースが大半で、この壁量計算と構造計算では計算の詳細さや精密さが異なります。アンハウスでは、「許容応力度計算」という詳細...

環境にやさしく、何よりも温かみを感じられるのが天然木を使った木造住宅です。木は日本の気候に最も適した建築材料と言えます。さらに自然の素材を使うことで、そこに住む人たちの健康も考えた住まいづくりを実現できます。 木造住宅の特徴 数十年かけて育てた木を伐採し、住宅用の建築...

車好きの方は、家中から愛車を眺められるビルトインガレージを希望される方が多いです。また、敷地面積の都合により、建物の1階を駐車場にして、木造3階建てにされる方も多いです。その場合、注意しなければならないのは、建物の1階前面に広い開口部が必要な為、1階前面に耐力壁不足を起しが...

L字型住宅は、日当たりや周囲の建物などの立地条件を考慮に入れながら、限られた敷地を無駄なく有効活用できるデザインのひとつです。ロの字型同様、L字型住宅も耐震性が低いと言われていますが、前回ご紹介した木造建築の耐震性を高めるための基本的ポイントに加え、他にも色々な工夫や対策があ...

建物の中心部に設けられた中庭や吹き抜けを囲むロの字型住宅。開放感や明るさがあり、魅力的な住宅デザインのひとつです。おしゃれな空間をデザインできる一方で、ロの字型住宅は耐震性が低いとも言われています。しかし、新築の際にいくつかのポイントを押さえることで、ロの字型住宅の耐震性...

一般的に、シンプルな形の家が地震に強く、吹き抜けやL字型の家は地震に弱いと言われていますが、果たして単純にそう言い切れるでしょうか。地震や強風などに対する耐力を全棟構造計算によって算出し強度を確保することで、一般的な基準による新築住宅よりも耐震性や耐風性の高い家を建てることが...

2014-10-28

今日は、部位別断熱効果についてお話をします。先ず、アンハウスの以前に施工したM様邸のデーターを例にして、説明させて頂きます。M様邸  建築地:大阪市  延床面積:92.43㎡  気積:221.112㎥  熱損失量合計:196.872W/K  Q値(熱損失係数):2.13W/(㎡・K) (大...

2014-10-25

今日から、「断熱性能の良い家」を建てるコツについてお話をしていきます。前回、断熱性能の良い家を建てるコツは、緻密に計算をすることとお伝えしましたが、断熱性能を具体的に数値化することで、客観的に断熱性能を比較することが出来ます。建物の部位別で、技術的に、物理的に、断熱性...

中谷昭子プロのその他のコンテンツ

Share

中谷昭子プロのその他のコンテンツ