まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
木村勉

完全分解クリーニングのプロ

木村勉(きむらつとむ)

愛生クリーンサービス

お電話での
お問い合わせ
072-225-4123

コラム

冬エアコンが夏ほどカビ臭くないのはなぜ?

エアコンのカビについて

2016年2月8日 / 2016年2月9日更新

夏と冬のエアコンの臭い



エアコンが強烈な臭いを発するのは
夏冷房の時期ですよね。

雑巾の生乾きの臭いや
ドブの臭いなど
色々な風に言われています。

それに比べて、冬の暖房の時はそれほど嫌な臭いはしないのではないでしょうか?

では、冬はカビが無くなるのでしょうか?


いえ、決してそんなことはありません。
カビは何もしないで勝手に消える事はありません。

カビが動き出す条件について


ただ、カビが活発に動き出すには、必要な条件があります。
25度~35度の高い温度と水分が適度にある事がカビが嫌な臭いを発する条件になっています。

冬の暖房時は、エアコンの中で、温度は上がりますが、
水分が全くなく、カラカラに乾燥した状態です。

乾燥した状態では、臭いが発生する事はあまりありません。


でも、だからと言って
カビが無くなるわけではないので、

エアコンが動く度にカビは飛び回っています。


条件が揃っていないので、
臭わないだけなのです。

今回のコラムのまとめ
○冬はそれほど臭わない。
○もちろん、カビはいる
エアコンにカビが発生するのはなぜ?
以上です。

この記事を書いたプロ

木村勉

木村勉(きむらつとむ)

木村勉プロのその他のコンテンツ

Share

木村勉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-225-4123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村勉

愛生クリーンサービス

担当木村勉(きむらつとむ)

地図・アクセス

木村勉プロのその他のコンテンツ