まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
池上明

医院建築設計のプロ

池上明(いけがみあきら)

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

お電話での
お問い合わせ
06-6848-3392

池上明プロのコラム一覧:【施工例】商業建築作品

建築家の池上 明です。大阪市の中心部に立地する複合ビルです。用途は1,2階事務所及び3~6階SOHO型住戸で構成された典型的な都心型ペンシルビルです。道路側の低層部とセットバックした上層部は色彩と素材を対比的に構成し、用途の違いをわかりやすくしています。事務所エント...

建築家の池上 明です。奈良県橿原市の畝傍御陵前駅前のカフェレストランです。区画整理された駅前のロータリーに面する好条件のロケーションでした。建物は曲面の屋根をもつ3つの形に分節されています。中央の円形の部分はレンガ色系の塗り壁、それを囲む部分は白系の吹き付けとし、色彩...

建築家の池上 明です。昨年完成した「京つけもの もり 本社」の1階は直営店です。伝統食品店なのでモダン和風のインテリアとしています。・床は自然石で飛び石風に構成・壁はジョリパットの塗壁・カウンターや漬物ショーケースは木目格子・障子を使った開口部・流木を使った梁...

建築家の池上 明です。間口が広く奥行きが極端に狭い敷地形状をいかし、1階が串カツカウンター席、2・3階がエスニックな鍋料理の桟敷席として計画しました。1階のカウンター席は3つの大きなカーブラインで構成し、変化をつけつけています。2色に貼り分けた椅子、緑色のフード、カウン...

建築家の池上 明です。「京つけもの もり 本社」の内装について説明します。こちらも合わせてご覧下さい。京つけもの もり 本社 1京つけもの もり 三条店店舗、階段、EVホールといったパブリック部分の内装は木や石、塗り壁、和紙といった和を感じさせる素材を使い、「...

建築家の池上 明です。今回は伝統食品の「京つけもの もり」の本社工場です。1,2階が漬物製造所・直売店、3階は事務所としています。広い間口をいかしお客様が店舗に入りやすい配置としました。伝統食品の本社工場であり、外観は屋根・庇や開口部に伝統的な民家のエレメントを...

建築家の池上 明です。づぼらや道頓堀店別館の続きです。前回はこちらをご覧下さい。商業施設作品例 づぼらや道頓堀店別館13階はセミオープンなテーブル席と掘り込座敷で構成し、庭から座敷に上がるようなイメージとしています。テーブル席のパーティションと座敷の扉は開放的なデ...

建築家の池上 明です。づぼらや道頓堀店別館は戎橋筋と法善寺を結ぶ通りと、法善寺横丁につながる「こいさん通り」の2つの通りに面する大阪らしいロケーションに位置します。    計画にあたってはかつて歌舞伎、芝居の五座が栄えた道頓堀界隈のイメージや風情を生かすことをテー...

建築家の池上 明です。奈良県香芝市の地域に開かれた住設関連企業の本社兼ショールームです。広域道路角地というロケーションをいかし、大空に飛び立つ鳥をモチーフにした形態で構成し、わかりやすいはっきりした色彩で構成しています。未来へ羽ばたく企業イメージをデザインコンセプ...

建築家の池上 明です。数年前に梅田で串カツカウンター席をデザインしました。客層のターゲットが若いサラリーマンだったことと2階に設けたこともあり「隠れ家」的なイメージをコンセプトにしました。床も天井も黒色で竹もくすんだものを使っていますし、天井のフレームは鉄錆塗装...

建築家の池上 明です。昔から酒造りをしている酒蔵では杉玉(酒林)を軒につるして新酒ができたこと知らせ酒の神様に感謝を捧げます。清酒製造工場を設計した時にはこの杉玉が軒に吊るされている姿をモチーフにしたファサードデザインを提案しました。工場内は先端的技術対応の...

池上明プロのその他のコンテンツ

Share

池上明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6848-3392

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池上明

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

担当池上明(いけがみあきら)

地図・アクセス

池上明のソーシャルメディア

facebook
facebook