まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
池上明

医院建築設計のプロ

池上明(いけがみあきら)

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

お電話での
お問い合わせ
06-6848-3392

コラム

医院・クリニック 落ち着きのある待合室

【医院・クリニック】待合室のデザイン

2014年2月11日 / 2016年5月26日更新

建築家の池上 明です。



医院の待合室は患者さんが最初に入り待機するスペースです。
待合室は私が医院設計の中でデザイン面で重点を置いている空間であることは今までの
コラムに書いてきました。
はじめて訪れた医院で入った時から何故か落ち着かないで不安になることが時々あります。
デザインのよしあし以前に待合室が無機質的で雑然としていたり、直観的に清潔感を感じないことが原因のようです。
雑然としているように感じるのはポスターやパンフレットが無造作に貼られているケースが多いこと、マガジンラックがきちん
と作られていないで本が置かれていることが多いことなどによるようです。
こうした雑然とした状態に患者さんは落ち着きを感じず不安になります。



上の写真ではポスターやパンフレットの掲示スペースを計画当初から考えて集約化した例です。ソファーのバックが
掲示スペースとなっています。


マガジンラックも同様で、この写真では壁の中にマガジンラックを埋め込んでいます。上部は掲示スペースとし、
コンパクトにまとめています。


受付カウンターにマガジンラックを設けこともあります。

待合室の照明計画も大事です。はじめて医院を訪れた患者さんはなにがしかの不安を持っています。オフィスのような昼白色の蛍光灯では明るいですが逆にしらじらしてしまいます。やはり電球色を用いたり、オフィスぽくない照明器具の選定などの照明計画で落ち着いた雰囲気を作ることが大事です。
内装の色彩構成も大事な要素になりますが、これについては改めてコラムいたします。

「待合室は医院の顔」です。無機質的で雑然とした待合室ではなく、患者さんの不安感を少しでも和らげリラックスできる落ち着いた雰囲気の待合室をデザインしたいと思います。

医院・歯科医院の新築、内装、リフォームは是非お気軽にご相談下さい。
今まで手掛けた医院建築の実例は私のHPをご覧ください。

医院建築設計のプロ
池上 明
エーアイ アーキテクト スタジオ
info@aia-st.com
http://www.aia-st.com

この記事を書いたプロ

池上明

池上明(いけがみあきら)

池上明プロのその他のコンテンツ

Share

池上明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6848-3392

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池上明

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

担当池上明(いけがみあきら)

地図・アクセス

池上明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

池上明のソーシャルメディア

facebook
Facebook