まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
池上明

医院建築設計のプロ

池上明(いけがみあきら)

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

お電話での
お問い合わせ
06-6848-3392

コラム

サードプレイスとしてのカフェ

商業建築設計

2012年10月15日 / 2016年4月8日更新

建築家の池上 明です。



私は商業施設も多く手掛けてきましたのでカフェも何軒かでデザインしました。
カフェは立地性、ターゲットの客層、単価、アルコールをだすかどうかなどによって
雰囲気も変わりますが、まずお客様がゆっくりとくつろげる場をつくることが大事です。

スターバックスのコンセプトは「サードプレイス」であると、
かつてスターバックスの社長のセミナーで聞きました。
「サードプレイス」を支えているのが-
1.コーヒー豆の管理 
2.スタッフの笑顔 
3.くつろげる空間
-の3ポイントであるということです。

「サードプレイス」という言葉はアメリカの都市生活学者レイ・オルデンバーグ氏が提唱され、
家庭でも学校・職場でもない第3の場所、第1、第2の空間から離れリラックスできる
パブリックでインフォーマルな空間を意味します。

自分しか知らない「隠れ家」的な空間ではありません。
例えばオフィスワーカーにとってのカフェなどが「サードプレイス」の例と言われています。

すべての人にとってカフェが「サードプレイス」になるわけではありません。
ある人にとっては趣味の場であったり、通勤電車の中がオルデンバーグだと言われる方もおられます。
どちらにしてもカフェはお客様がリラックスできる場であり、サービスや味わい(品質)が最も大事です。

都市生活者にとって「サードプレイス」が大切な場であるからこそ
スターバックスが都会で人気が高いのでしょう。

今まで手掛けた商業建築の実例は私のHPをご覧ください。

建築家
池上 明
エーアイ アーキテクト スタジオ
info@aia-st.com
http://www.aia-st.com

この記事を書いたプロ

池上明

池上明(いけがみあきら)

池上明プロのその他のコンテンツ

Share

池上明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6848-3392

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池上明

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

担当池上明(いけがみあきら)

地図・アクセス

池上明のソーシャルメディア

facebook
facebook