マイベストプロ大阪
井上光

「承認」でモチベーションを高める企業研修の専門家

井上光(いのうえひかる) / 社会保険労務士

合同会社100年存続企業応援団

井上光プロのご紹介

「100年存続」を目指す中小企業の応援団として活躍する社会保険労務士(1/3)

井上光(いのうえ・ひかる)さん

全従業員を対象にしたワーク形式の研修で「承認」することを学ぶ

「新たな人材の採用が難しい、採用してもすぐ離職してしまう。多くの中小企業が抱えている悩みです」と話すのは、「合同会社100年存続企業応援団」の代表を務める井上光さんです。

 社労士として多くの中小企業と向き合ってきた経験から、「社内のコミュニケーションや風通しのいい雰囲気づくりが悩み解決の鍵になる」と話す井上さん。

「効果的なのが、ワーク形式の研修を行うこと。管理職だけ、一般社員だけと区切って行うのではなく、社長や役員、管理職も部下も一緒に参加することが重要です」

 組織で働くすべての人を対象にした研修を通して、これから100年以上存続できる会社づくりをサポートしています。

 研修では、相手を「承認」することを学びます。ここでいう承認とは、相手が気づかない能力、資質、業績、貢献、成長、可能性などについて、その事実を本人に伝え、自覚させることです。

「少人数のグループに分かれてもらい、どんなふうに会社の役に立っているか、どんないいところがあるか、面と向かって言葉で伝え合います。普段は忙しかったり恥ずかしかったりして、なかなか口に出せない部分ですが、伝えないと伝わりません。きちんと伝えることで、この会社でがんばろうという気持ちが生まれ、モチベーションが上がります。離職を防げるのはもちろん、会社の成果や働く人のメンタルヘルスの向上にもつながっていきます」と井上さん。単に褒めるのではなく、事実に基づいて伝えることがポイントだと話します。

Share

井上光プロのコンテンツ