まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
瀬長雄作

Airbnbを中心としたバケーションレンタル運営代行のプロ

瀬長雄作(せながゆうさく)

株式会社One Note

お電話での
お問い合わせ
098-885-3655

コラム

英語ができなくてもバケーションレンタルの「ホスト」になれる?

英語ができない物件オーナー

「バケーションレンタルのホストになりたいけど、英語ができないから諦めた…」という方がいらっしゃいますが、英語ができなくてもホストをすることは可能です。英語を話せたに越したことはありませんが、英語を使わなくてもホストになれるコツがあるので紹介します。

まず、必須で伝えておくべき部屋や共有スペースのルールなどを文章にしてまとめておくことです。日本語でまとめ、翻訳機能にかけて英文にします。事前に用意することができるので、時間をかけても問題ありません。一度作っておけば次回以降も使いまわすことができます。

また、文章でまとめたものの、急に相手から質問されたり、どうしても会話をしなければいけない場面に直面します。

そういった時にはボディランゲージがおすすめです。指で示したり、身振り手振りで会話することでもコミュニケーションはとれます。辞書を手に文字を探すよりも、体を使ってでも伝えようとする意思が大切です。

ゲストが英語が堪能でない場合

ホストは英語ができなくてもなんとかなることを紹介しましたが、逆に「海外でバケーションレンタルを利用したいけど英語ができない」というパターンもあります。

ゲストとなる場合でもホストと同様、想定される質問事項を翻訳して紙にまとめておいたり、ボディランゲージを駆使して思いを伝えたりと、同じ手法が使えます。

最近では翻訳に特化したスマホアプリが多く出ているので、活用してみると良いでしょう。
しかし、「郷に入っては郷に従え」ということわざがある通り、海外に泊まることを決めたのなら、現地の言葉(もしくは共通語である英語)はある程度勉強しておくべきです。
「少しも話せない」「理解ができない」という状態だと、観光も楽しめないでしょう。

「まったく話せません」というスタンスではなくて、「学ぶために来たので教えてくれませんか?」という姿勢で謙虚に接することで、ホスト側からも理解を得られるはずです。
観光などで外国へ行き、英語にも強くなれれば一石二鳥ですね。

代理店を通すことのメリット

バケーションレンタルを利用する際に、代理店を通すこともできます。

代理店を通すことで、問い合わせの対応代行をしてもらえます。チェックインやチェックアウトの際に忙しくて多くの問い合わせに答えられない場合や、メッセージのやり取りに費やす時間がとれない場合によく利用されています。

代理店によっては多言語掲載が可能で、日本語の他にも、英語・中国語・フランス語・ポルトガル語といった言語での対応が可能です。多言語での対応をお願いできれば、英語が話せなくても予約や質問を済ますことができます。

また、代理店を通すことによって、問い合わせにスムーズに返答でき、快適な旅をすることができたと、ゲスト・ホストお互いの評価も高い傾向となっています。
Airbnb上での評価は、実際泊まる場所を選ぶ際に検討する材料となるため、高評価を得られることは重要だと言えます。

この記事を書いたプロ

瀬長雄作

瀬長雄作(せながゆうさく)

瀬長雄作プロのその他のコンテンツ

Share

瀬長雄作プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
098-885-3655

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀬長雄作

株式会社One Note

担当瀬長雄作(せながゆうさく)

地図・アクセス

瀬長雄作プロのその他のコンテンツ