マイベストプロ沖縄

コラム

琉球空手と写真①-写真で文化を伝える-

2022年1月14日 公開 / 2022年1月27日更新

テーマ:写真

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: プラス思考 トレーニングパーソナルトレーニングプロフィール写真

※海外誌SHIBUMI表紙・本文に起用されました。https://revistashibumi.wixsite.com/website(英語・スペイン語・ポルトガル語)
外間先生
広島から沖縄に来て3年目、相性が良いのか帰りたいと思う事はありません。多分このまま生涯沖縄で過ごすのだろうと感じてます。
まだまだ知らない文化や歴史が沢山あり、あれこれと探索し「どんな風に写真で表現したら伝わるか」と模索するのが趣味になっています。
昨年お世話になった沖縄の文化の一つ「琉球空手」沖縄剛柔流拳志會と写真について御紹介です。

沖縄剛柔流拳志會空手道古武道本部道場

空手は琉球王朝時代、武器を持つことを許されなかった貴族の護身術です。
琉球空手は「闘う」為のものではなく平和の武術であり、文化であると外間先生は仰っています。

何度か撮影に伺い、お話を伺っている中で外間師範の教え「自分と向き合う精神」について気付いた事があります。
自分と向き合うという事は相手を心の目で見る事、要するに自分が中心にあるのではなく自分の心の目に向き合うという意味であり、本質を見抜く究極の洞察力を養っていく鍛錬であるという事です。
これは「スポーツ空手」にも共通する事ですが「闘い」という感覚が前面に出てしまうとマウントを取りたがる自己顕示欲型の動物的思考になり、琉球空手の本質にあるものは闘い(勝ち負け)ではなく人間の強さや優しさ、大きさなど奥深い人間愛を尊重しているという事です。
武道家の話を聞いていると「自分と向き合う」という言葉を頻繁に聞きますが、自分自身や自分の世界観を見つめ直すという短絡的な意味ではないのだと人間の意味や深さを改めて考えさせられます。

空手の歴史

琉球空手の歴史を知ると、日本の競技で行われている「空手」が「琉球空手」の真似をしたレスリングだという意味が理解できます。
歴史や本質を知らずして空手を語るのもどうかと思いますので、参考までに事務局から頂いた歴史資料を掲載します。
history

代表者・師範:外間哲弘氏について

・沖縄剛柔流空手道・古武道 拳志會 宗家
・体育学博士
・沖縄剛柔流空手道・古武道 範士十段
・世界レジストリー・オブ・ブラック・ベルト殿堂入り(2011年 アメリカ、2013年 オランダ)
・沖縄県空手博物館 館長
・書道家 外間洋山(雅号:外間峻岩)

祖父の徳山盛健氏から空手を伝承し、比嘉世幸先生より剛柔流、又吉真豊先生・金城政和先生等より古武道、神長成佳先生より古流神道天心流を学ばれ、その後アメリカとミンダナオ大学にて 体育学(武道)博士を取得される。
SHIBUMI
【略歴】
1944年 出生
1961年 比嘉世幸先生、又吉真豊先生等に師事
1978年 宮城長順25周年追悼式(明治神宮)にて模範演武
1981年 国際親善空手道選手権大会にて模範演武
1984年 中国、沖縄交流武術大会沖縄代表
1987年 沖縄県空手道古武道歴史資料館設立
1989年 沖縄空手道剛柔会理事長就任
1992年 沖縄空手道協会より感謝状授与
1993年 米国国会より「空手道指導功績」表彰、
      フィンランド国陸軍より「空手の感謝状」授与
1994年 近畿大学豊岡短期大学にて空手・古武道の非常勤講師(1996年まで)
1996年 琉球国技・空手術発祥之碑設立
1997年 第一回カナダ国北方空手道連盟にて又吉真豊先生と模範演武
1998年 沖縄県文化協会長賞受賞
1999年 無形文化財指定候補
2011年 世界レジストリー・オブ・ブラック・ベルト殿堂入り(アメリカ)
2013年 世界レジストリー・オブ・ブラック・ベルト殿堂入り(オランダ)

琉球文化の深さ

日本の鎌倉時代、沖縄では農耕文化の広がりとともに実力者が出現し、グスク(城)が築かれ琉球王国の誕生となりました。
今でも残っている「ゆいまーる」という助け合い精神は農耕作業の中での共同作業から生まれてきたと言われています。
ryukyukarate

「日本史は学んでも琉球の歴史は知らない人が多い。」
外間先生が様々な取材でも語られている通り、懸念されていることは琉球の歴史や空手が歪められて伝わる事です。

内地から来た私たちの興味が「海で騒いでゴルフする事」だけにならないよう、琉球時代を生きてきた沖縄を尊重し心に刻んでいくことが大切だと感じます。
膨大な情報量があり長くなりそうなので、写真作家が撮った「琉球文化と外間氏」についてなど別の記事で書かせて頂きたいと思います☆

(最後に)独自性強化について

商品やサービスに独自性とブランディングが必要なのと同じく、これからの時代を生きる個人も起業を目指す人達も独自の強みを見つけアドバンテージを上げていくことが目標達成に繋がるコツになります。
ブランディングは「売れ続ける為の仕組み作り」であり、マーケティング全体の重要な役割になります。
個人でも「独自性」を意識しておくと良いと思います。

---------------------
WEBもプロモーションも内製化の時代、WEBの経費を大幅に削減し個人の方でも自在に発信できる方法があります。
お気軽にお問い合わせください。
★お問い合わせフォーム:https://promos.co.jp/company/contact/
★URL: https://promos.co.jp

この記事を書いたプロ

秋元万里子

独自性をプロモーションするブランディングのプロ

秋元万里子(プロモスジャパン株式会社)

Share

関連するコラム

秋元万里子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
098-970-4226

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

秋元万里子

プロモスジャパン株式会社

担当秋元万里子(あきもとまりこ)

地図・アクセス

秋元万里子プロのコンテンツ