まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
谷口教子

幸せにシフトする心理カウンセリングのプロ

谷口教子(たにぐちのりこ)

心のあとりえ ~Shanti~

コラム

【症例】人に言いたいことが言えない②ー2

セラピーの症例

2018年7月20日

こんにちは♪ 谷口教子(のりこ)です。

本来の自分を開花させ 在るべき姿で幸せにシフトする
心理カウンセリング・セラピー&チャネリーディングを沖縄・福岡でしています。


。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

【無料メールセミナー】

自信がない、人と比べて落ち込む、
自分にダメ出し、人からの評価をとても気にする などの悩みになる
『自己肯定感が低くなる原因と改善法』


人が離れていく不安。 漠然とした孤独感や罪悪感
寂しさを作り出す愛着障害の原因はこちら
『1日5分で心穏やかな日々を手にする方法』

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

<<WS・セミナー情報>>

自分や他者の「心」理解するのにお役立ち♪
『心理学講座』 【沖縄】 随時募集中


最短距離で願いを叶える方法♪
『願いを叶える☆マジカルオイル』 【沖縄】 募集中

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚


【症例】人に言いたいことが言えない②ー2の続きです



愛理さん(仮名・32歳)が、自分の想いや意見を言おうとすると言えなくなってしまうその原因。

セラピーの中では、こんなことが浮き彫りになってきました。



愛理さんに普段どんな風に、言いたいことを言えなくなっているか。


その状況を再現してもらうと、言いたいことを口にしようと喉元まで出かかったその時
喉や口元にグッと力が入っていたんです。
そしてそのまま言葉を飲み込み、言えなくなってしまう。。。



力が入ってる顎周りの感覚に意識を向け
じっくりとその感覚に寄り添うと、その感覚は『恐い』と訴えていました。



愛理さんのお父さんは子供の頃から愛理さんが何か言うと、いつも決まって
「それは違うんじゃない」とか
「お父さんはそうは思わないな」とか


「けど(でも)それってさ、~~」などと言ったように
愛理さんの意見には取り合ってくれないことばかり。



その度に愛理さんは、なんだか自分を否定されたような気がして
恐いような、悲しいような気持ちになっていました。



ある時には「子供が口出すんじゃない!!黙ってなさい!!」ってピシャッと怒られる時もありました。



いつしか愛理さんは、お父さんに対して
「お父さんにはどうせ言っても無駄。なに言っても否定されるだけ」と思い
自分の言いたいことを諦めるようになっていたんです。



その感覚を身体に宿したまま大人になってしまってたので
自分の想いや意見を伝えようとすると
無意識では「どうせ否定されるかもしれない」とか
「攻撃されたらどうしよう・・・」って思ってしまい、恐くなって言えずにいたんです。



これが愛理さんが人に言いたいことが言えなくなっていた原因。



セラピーでは愛理さんの身体に保存されていた感覚を解放し、その空いたスペースには
みんながみんな、お父さんのように否定したり、攻撃するわけではないという【事実】を植えました。



そんな愛理さんは今では、自分の想いや意見を自由に伝えられるようになり
伝えた時の心地よさも味わえるようになってきたらしいですよ♪

悩みや不安は解消できます。
このようなセラピーを身近に感じてもらえたら嬉しいです♪

---

◆無料メールセミナー

 自己肯定感が低くなる原因と改善法

 1日5分で心穏やかな日々を手にする方法

この記事を書いたプロ

谷口教子

谷口教子(たにぐちのりこ)

谷口教子プロのその他のコンテンツ

Share

谷口教子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-4324-0140

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷口教子

心のあとりえ ~Shanti~

担当谷口教子(たにぐちのりこ)

地図・アクセス

谷口教子プロのその他のコンテンツ