まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
新垣真治

自力で悩みの解決を目指す『フラクタル心理学』のプロ

新垣真治(しんがきしんじ)

一般社団法人フラクタル心理学協会認定ステーション カウンセリング・オフィスはぴあ

コラム

人のせいが多いと「人生が苦」になる

思考が現実化の意味

2018年7月31日 / 2018年8月14日更新

自己完結で幸せになる

こんにちは。
はぴあの新垣です。

人のせいにしている間は、やはりしっかりとした
問題解決はできないようです。

例えば人のせいにすると言う事はこういうことです。
風邪を引いたらいけないと思いマスクをかけました。
一枚だけでは心配なので無意識に次から次へとマスクを重ねていくのです。
当然、息が苦しくなってきます。


その時に相手の人に対して「なんで息をしてくれないの」と
文句を言っても、自分の息が楽になる事は絶対に、絶対にありませんね。

そんな状態なんです。

楽になるには、あなたがマスクを外せばいいだけです。
しかし、無意識に重ねてしまったマスクの存在自体をあなたは知らない。
だからこれまで、外しようがなかったので、人のせいにするしかなかったのです。


フラクタル心理学では、
「思考は現実化します、100%例外なく」と、申し上げていますが、
多くの場合そうは思わないのです。
全体の意識を認識できないからです。
なので無意識の思考が現実化しても自分の思考だと気づかないから
現実化していることを認識できないでいるのです。

無意識の思考のパターンは誘導瞑想や現実
(一番深い、深い無意識が現象化したのが現実になります)
を分析することで捉えることができるようになります。

そうなれば何重にも重ねたマスクの存在を確認できるようになります。
そうなればあとはそれを外す作業をすればいいわけです。


それからもう一つの問題。

ちょっと物理学的な話しになっちゃいますが、
少々お付き合いください。
この世界には「エネルギー保存の法則」が働いています。

エネルギー保存の法則とは、「孤立系のエネルギーの総量は変化しない」
という物理学における保存則の一つです。

どういうことかというと、一定量のエネルギーを
分配しながらわたし達は生きているのです。

何かを得れば、何かが失われる世界なんですね。

例えば、地位と自由と保護(愛)は同時には得られません。
地位があるということは、高みにいるので、保護は得られません。
自由を手放すことができなければ地位は得られません。

これが、仕組みです。

ですから、
「あの人のせいで」「あの人のせいで」と思い続ければ、
続けるほど相手を大きく、大きくしていくことに他ならないのです。

エネルギーは一定量しかないのに、相手を大きくしてしまえば、
自分が小さくならざるを得ないのです。


あなたが自由にのびのびと生きたいといくら願っても、
自分のエネルギーが小さいから現実化に時間がかかってしまいます。
そうして思い通りにならないという世界がつくられ、
「人生は苦」だと思ってしまうのです。

人のせいをやめて自己完結ができるようになると
あなたが大きなエネルギーを手にすることが
できるようになりますから「人生は楽しい」
に変わってきます。
では、また。

この記事を書いたプロ

新垣真治

新垣真治(しんがきしんじ)

新垣真治プロのその他のコンテンツ

Share

新垣真治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
098-851-9804

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新垣真治

一般社団法人フラクタル心理学協会認定ステーション カウンセリング・オフィスはぴあ

担当新垣真治(しんがきしんじ)

地図・アクセス

新垣真治のソーシャルメディア

facebook
facebook