マイベストプロ沖縄
糸数盛夫

お墓に関する多種多様な問題を専門知識で解決するプロ

糸数盛夫(いとかずもりお) / お墓ディレクター

◆墓石販売:みくに株式会社(平成28年設立)◆施工:おはかのみくに合同会社(平成31年3月設立)

コラム

お墓のリフォームをする適切なタイミングは?【ラジオ】

2019年11月15日 公開 / 2019年11月23日更新

テーマ:ラジオ放送『幸せを招く先祖とお墓の話』

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: お墓






糸数:今回はお墓のリフォームの必要性やリフォームの時期、目安、技法や種類について話していきます。

これは3回シリーズになるかと思います。

項目としては1つ目はリフォームの目安、お墓の傷がどうなっているかという点。

外から見てヒビが入っているか、ヒビの深さ、劣化と言いますが。

他にも一般的なコンクリートの寿命。あとは立地環境によって全然違います。お墓がある場所の湿度が高いか、乾燥したところにあるかで違います。

あとはリフォームの種類です。クリーニングで済む場合もあるし、お墓のコーティングで良い場合などです。

お墓の傷やひび割れの補修についても学んでいければと思います。




お墓のリフォームをするタイミング





糸数:世の中の形あるものはなんでもそうですが、作った時から劣化が始まります。

物の時間を止めて劣化を止めることはできません。ただ、メンテナンスやケア・リフォームを行うことで寿命が変わります。

お墓が住居と一番異なるのは、使用頻度・訪問頻度です。

毎月行くわけではないですが、愛する人が亡くなったばかりであれば、月命日などに行くことが多くなります。

他にはリフォームを行う時には専門業者が非常に少ないことです。

住宅であればチラシが入ったりして、目が肥えることもありますが、お墓の場合には比較対象となる企業が少ないため、選択肢も少なくなります。

そのため、お墓のリフォームを経験した方の口コミなど頼りに決めなくてはいけなくなります。

どうしても悪徳業者に当たってしまう可能性も0ではないです。

そのため、お墓のリフォームは事前に起訴知識を調べた上で業者を探すと、余分な費用がかからずに済みます。

本当によくあるのは、作ってからしばらく経ったセメントのお墓は少しヒビが入ると、小さな地震でもヒビが広がってしまうことです。

だから、小さい時の虫歯と同じで定期的に見ていく必要があります。

早めに治すといいけれども放置しておくと大変になるようなものです。

お墓の構造に問題のない小さな傷であれば、補強材などで補修することが可能です。

傷が大きくなってしまうと残念なことに遅かれ早かれ、建て替えが必要になります。

もしラジオを聞いている方が自分のお墓に亀裂が入っているなぁと思った時、私たちが見にいくとパーツだけの交換で直る場合があります。

お墓本体ではなく、門や椅子の壁とかは組み立て式なので交換で直すことができます。

気になる点は業者に頼んで確認してもらうと良いです。その場合は2-3社に見積もりをとることが大事です。

最初は購入したところに修理を相談してください。

まなみ:買ったところが一番構造なんかもわかっていますからね。

糸数:そうですね。しかし、アフターフォローをしてくれないところが多いです。

困っているので、「購入したところに確認しましたか」と尋ねると、聞いたけどダメでしたという事で、提案をするようにしています。

必ず購入の業者さんに確認をしてから提案をしています。

値段もみくにが10万円くらい安かったようで、その業者の見積もりがびっくりするくらい高かったです。

そんなこともあるので、2-3社から見積もりを取ることをオススメしています。

自分のお墓にヒビが入った時にはヒビの深さ、地盤の問題がないかを確認する時には業者さんに確認してもらうとよいです。




お墓の劣化について





糸数:次にお墓の劣化についてです。お墓の寿命は素材によって異なります。コンクリートのお墓はの寿命、修理が必要になる期間はどれくらいだと思いますか。

まなみ:50年程度ですか。

糸数:実は50年は持たないです。

お墓の中には鉄筋が入っており、コンクリートの中で酸性(鉄筋)とアルカリ性(コンクリート)が混在するので、中から腐食が始まり、20-30年で壊れてしまいます。

今もコンクリートで作る事があります。お客さんからは雨に濡れないように屋根を長くしてほしいなど、いろいろ要望があります。

20-30年経つと、コンクリートが重いので、屋根の節目などの弱いところが壊れることをお伝えして、写真などを見せて勧めないようにしています。

それでほとんどの方が諦めます。

一般的に中国から持ってくる天然の石は50-100年の寿命と言われます。

天然のため、継ぎ目の部分が腐敗するが、そこは修理すると良いです。

人間であれば80-100年の寿命があるようにお墓にも寿命があることを理解しておく事が重要です。

お墓は屋外で雨晒しになるので立地環境や天候にも左右されます。

数十年先のことだからと安易に考えず、定期的に馴染みの石材店や可能ならメンテナンスの専門店で見てもらうことをお勧めします。

斜めで水が流れるようになっていればいいけれども、そう出ないこともあるので、お客さんには説明して理解してもらうようにしています。

お墓の耐久年数で大事なことは、劣化は現代の最新技術があっても避ける事ができません。

そこで、劣化をできるだけ遅くする事が必要になります。例えば、車のコーティング。屋根の有無でも差が出ます。

屋根がなければコーティングなどを考える必要があります。

お墓も同じで、リフォームや修繕・改修を行い、建物を管理する事で建てた時に目安とされる耐久性を大きく超えて存在する事ができるようになります。

今は自分でペンキを作ったり、コーティングする物が多く置いてあります。

僕はできるだけ自分たちで年一回はコーティング剤を塗ることをお願いしています。

それにより膜が張るからです。

ペンキであると色むらが出てしまうが、透明であるので素人であってもできます。

値段がかからずにできるし、愛着も湧きます。プロに頼むと、高度な技術とか高い費用がかかってしまいます。

お墓なので、費用をかけずに自分たちで行う方法もあれば業者に頼む方法もあります。

これは自分の経済状況によるので、極力自分のお墓は自分でメンテナンスできると良いです。

年齢の問題などもあるが、できないこともあるということを考えると良いです。リフォームは素材に依存します。




お墓の素材について





糸数:次に素材のことを話していきます。素材のことなしにリフォームの話はできません。リフォームの経験はありますか?それとも車でさびてしまったことなどです。

まなみ:ないですね。家の車は父が管理しているので。

糸数:今の車は軽量化しているし、あまりさびない。管理を細かく行っていると長く持つ。私は性格上ワックスをかけないから、車3台分のカーポートで守るということをしています。

まなみ:それで色々な影響を抑えている。

糸数:沖縄の比率で言うと、中部あたりはコンクリートのお墓が多いです。一昔前にコンクリートのお墓が流行った時があります。

どんな形にもできるという事が理由でした。現在は耐震性や劣化が早いということでコンクリートのお墓は少なくなっています。

さらに30年ほどでリフォームのお金がかかるという事があります。

今増えてきているには中国の天然石です。化合物でないので、よほどのことがない限り劣化しません。

見た目がよく、重厚感や高級感があります。石材は値段が高いけれども、長い目で見るといいかなぁと思います。

ランニングコストというか、エコカーと同じで最初は高いけれども、継続的なお金は少なくて済みます。

最初にお金を出す事ができない状況であれば仕方ないが、家族と話してどちらが良いか決めると良いです。

私たちのお客さんの95%は中国からの種類はほとんどないですが、天然の石を使っています。

徐々に太陽の熱の影響で艶がなくなってくるので、定期的にコーティングなどのメンテナンスが必要になります。

まなみ:ちなみに、コーティングの期間はどの程度もつのですか。

糸数:どれだけ暑くなるかなどにもよるが、2-3年は持ちます。素材のグレードなどにも影響されます。




お墓の立地環境による違い





糸数:次はお墓の立地環境による違いを話していきます。

以前にも話しましたが、一般的にお墓を建てる、購入にあたって重要視しないといけない条件の一つに立地という条件が大きく関わってきます。

一度建てるとその土地との関係がずっと続きます。住宅の場合は引っ越すこともあるが、お墓を引っ越すことは珍しいです。

過去のお客さんで多かったのは土地が安いことで遠くに建てた方がいらっしゃいます。

本当にタダ同然だったけれども、周囲に草が生えてしまって、どこに自分のお墓があるのか分からなくなったといことがありました。

1年経つとジャングルのようになってしまい、普通乗用車で上がれなくなってしまっていました。

今週金曜日に行うお墓の解体もユンボを使わないと壊す事ができない状況のところです。写真も撮ってくる予定です。

まなみ:ちゃんと先を考えないといけないですね。

糸数:お墓は広くて15坪あるんですけど、お墓の入り口に生えすぎてしまって中にたどり着けなくなっていて、本当にびっくりしました。

このような状態にならないように、立地環境は非常に大事です。

口を大にして言っています。お墓にたどり着くための道が山道であったり、悪路であると、行くときにエネルギーが必要です。雨が降ったら余計にです。

年に1回か2回行くところであるので、体力的に無理のない場所でお墓を建てる事が賢明です。

同じ予算であれば、遠いところで10坪のお墓より、1-3坪の小さくても近くて立地のいいところでお墓を選ぶことを勧めています。

あるお客さんの話では、お墓が山の上に立っていて、お参りが体力的に困難なのでここ数年お参りに行けていない方がいました。

以前もお会いした時に「だいたいあの辺にある」と言われ、山の中でした。

行こうと誘うと、「ジープじゃないと行けない」と返事をされました。

でもお墓にはお骨が入っています。色々な事情があるだろうが、お墓にたどり着けないという現実を見て、立地について考えて欲しいと思います。

立地が悪いとリフォームもできません。

お墓にも木の根っこが生えたりしてしまい、負担がかかります。何度もいけるところであれば、草を刈ったり、木の根を切ることもできます。

1年ではそんなに大きな問題にはなりません。

どれだけ補修技術が上がっても、立地として近いところがリフォームを行いやすいので良いかと思います。

次回はお墓のサイズの変更などを話していきます。


この記事を書いたプロ

糸数盛夫

お墓に関する多種多様な問題を専門知識で解決するプロ

糸数盛夫(◆墓石販売:みくに株式会社(平成28年設立)◆施工:おはかのみくに合同会社(平成31年3月設立))

Share
関連するコラム

糸数盛夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-392-756

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

糸数盛夫

◆墓石販売:みくに株式会社(平成28年設立)◆施工:おはかのみくに合同会社(平成31年3月設立)

担当糸数盛夫(いとかずもりお)

地図・アクセス

糸数盛夫のソーシャルメディア

instagram
Instagram
youtube
YouTube
2019-12-04
facebook
Facebook

糸数盛夫プロのコンテンツ