まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
足立信一

マイホーム取得をアドバイスする家造りのプロ

足立信一(あだちしんいち)

株式会社 沖拓建設

お電話での
お問い合わせ
0120-303-069

コラム

注文住宅を建てるときの流れ!住みたいエリアで土地を探そう!

土地探しは難しいものですが、土地を探す際、ぜひ考えて頂きたいポイントをお話ししたいとおもいます。

土地探しのポイント

土地を探すときには、まず、どんな暮らしをしていきたいかをじっくり考えることをおすすめします。ご家族がいらっしゃる場合は、ご家族で話し合ってみて下さい。

たとえば、家族がお互いに圧迫感を感じないような暮らしにしたいとおもえば、ある程度の広さが必要になります。しかし、土地が広くなればそれだけ資金が必要になります。街中でそうした土地を求めようとすれば多くの資金が必要になります。そうなると郊外の比較的購入しやすい価格の土地を探すことも検討しなければなりません。

どんな暮らしを?どれくらいの生活レベルを?していきたいか、ということを考えることで、土地を探す際の「条件」が見えてくるわけです。

希望する条件はいくつもあがるとおもいますが、その条件にまずは優先順位をつけましょう。
先程あげた例で言えば、①街中の利便性と②郊外でのスペース的に余裕のある暮らし、どちらを優先するかということです。②のスペース的に余裕のある暮らしを優先順位の上位においたとすれば、①と②で掛かる予算が同じだと考えた場合、郊外の土地を探すことをおすすめします。

また、長期的に考えることも大切です。現在お子さんがまだ小さい家庭の場合では、小学、中学、高校、大学とお子さんの成長にしたがって教育費が増えていきます。その際、住宅ローンの支払いが無理なくできるのか?ということも大きな問題です。
その他、交通機関へのアクセス、お子さんの学区・校区なども検討すべき条件のひとつです。

まず自分たちがどんな暮らしをしていきたいかを家族で意見を出し合って考えることが一番肝心なところです。

土地探しを不動産屋さんに依頼するメリット

不動産投資では「一に立地、二に立地、三に立地」と言われるほど立地が大切と言われています。しかし、立地条件の良い物件は大半の方が欲しがりますから不動産物件の価格も高くなります。また、好立地の物件はたいていの投資家や業者に情報が知られている為、誰も知らないお宝物件、というものはまずない、ということになります。

住宅の土地探しについても同じようなことが言えます。場所、周辺環境がよく、交通機関のアクセスも良好、それでいて価格が抑えられているという土地を見つけることは難しいのです。

ところで、土地探しの相談先として、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか?
最近ではハウスメーカーや工務店に土地探しから依頼されるケースもあるようですが、やはり土地探しに一番強いのは、その土地の情報を知りつくしている不動産会社と言えるでしょう。

実は不動産会社にも、注文住宅を手掛けている会社があります。土地探しと家づくりを一緒に依頼できる不動産会社には、さまざまなメリットがあるのです。

最も大きなメリットは、理想の家にあった土地を探してくれることです。
家を建てるには自治体から「建築確認」を得なければなりません。その土地に建てていい建物かどうかの審査を受けるわけです。もし、ここで「建築確認」が取れなければ希望通りの家を建てることができなくなります。
注文住宅をあつかう不動産会社が探す土地は、希望した家を建てることができる土地ですから、そうした心配がないわけです。

また、家は土地で全てが決まるわけではありません。たとえば日当たりに問題がある土地でも、採光などは家の作り方によってカバーできます。
三角形の変型土地はあまり人が欲しがらない土地ですが、価格は安く、手に入れやすい土地です。そこで土地代で浮いた分の資金を使ってデザイン性の高い家を建てるという方法もあります。

土地を探すのは最終的にそこに家を建て、そこに暮らすためですから、土地と建物の双方を考えて提案してくれる不動産会社に土地探しを依頼する方法は十分検討に値する方法です。

買いたい土地が見つかったら

さて、どんな暮らしをしていきたいかを決め、そのために設けた条件をクリアする土地が見つかったとしましょう。
次は、いよいよ家の建築になるわけですが、その前に重要な調査があります。
「敷地調査」と「地盤調査」です。いずれも先にあげた「建築確認」と関係してきますが、施工会社に依頼すれば調べてくれます。

「敷地調査」とは、土地の大きさ、形状、方位、高低差、道路の位置などのほか、電気・ガス・上下水道など各種の法的制限を把握するものです。

そして「地盤調査」は、その土地が家の重さを支えられる強度を持っているかどうかの調査です。
軟弱な地盤の上に家を建てると、家が傾く「不同沈下」が起こるおそれがあります。家の重さによって地盤が変形するために起こるものです。
もし、地盤調査で問題が発見されると地盤の補強工事が必要になります。費用は地盤の状態によって違いますが約200万円から400万円は見ておくべきでしょう。

土地は100%希望通りのものを見つけるのは非常に難しいものです。まず、どんな暮らしをしたいかを考え、そのために譲れない条件、妥協できる条件を明確にし、そのうえで検討を重ねることをおすすめします。

この記事を書いたプロ

足立信一

足立信一(あだちしんいち)

足立信一プロのその他のコンテンツ

Share

足立信一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-303-069

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

足立信一

株式会社 沖拓建設

担当足立信一(あだちしんいち)

地図・アクセス

足立信一のソーシャルメディア

facebook
facebook
google-plus
google-plus

足立信一プロのその他のコンテンツ