まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
足立信一

マイホーム取得をアドバイスする家造りのプロ

足立信一(あだちしんいち)

株式会社 沖拓建設

お電話での
お問い合わせ
0120-303-069

コラム

注文住宅を建てるときの流れ!スケジュールの目安と計画の立て方!

ご自分の家が完成した日、多くのお客様が喜びをあらわします。もちろん私たちも嬉しいのですが、お客様の喜びの中に「とうとう家が建った」、「ようやくマイホームができた」、「長い道のりだったなあ」というお気持ちがあることもうかがえます。

と言うのも、自分の家を持とうと考えてから、その夢が現実のものになるまでには、処理しなければならないさまざまなことがあり、時間もかかるからです。

注文住宅を建てたいとお考えになっても、実際にはどうすれば良いか分からない、という方がほとんどではないでしょうか?まずは、注文住宅完成までの流れを見てみましょう。

まずはこれからの暮らしのイメージと資金計画から

① 自分の家を建てようとおもう
このきっかけはお客様お一人おひとりで違います。「賃貸より家を買ったほうが良いんじゃない?」という奥様の一言がきっかけ、という場合もありますし、同僚が家を買ったとか、兄弟の新築の家に遊びに行って自分も家を持ちたいとおもった、親から土地をもらえる、などと色々です。

② イメージと資金計画(およそ0~3ヶ月)
まず、どんな家で、どんな暮らしをしたいか、自分や家族のこれからの生活をイメージしてみましょう。ただ、漠然とイメージするだけでは具体的な姿が見えてきませんから、住宅の性能や住みたい地域はどこかなど譲れない条件は何か、そして、資金計画など、条件を明確にしていくことをおすすめします。

とくに資金計画は重要です。銀行での事前審査等で住宅ローン借入可能額の把握や親御さんからの資金援助の有り無しなどを含め、ご自身の最大予算の把握が大事です。

重要な土地選び・施工会社探しはぬかりなく

③ 土地を探す(およそ3~4ヶ月)
自分たちの家のイメージが見えてきたら次は土地探しです。一般的には、住みたい地域の不動産会社に相談して、イメージ、資金計画に合った土地を探してもらうことになるでしょう。

ただ、希望通りの土地というものはなかなか見つからないのが現実です。この土地に、と決めるまでの期限を設けたり、絶対に譲りたくない条件は残し、それ以外は妥協するということも必要でしょう。もちろん、できるだけ粘る、ということも必要です。

④ 施工会社を探す(およそ4~6ヶ月)
希望に合った土地が見つかったら、次は、施工会社探しです。依頼先として、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ここで知っておいていただきたいのが、不動産会社にも注文住宅の設計・施工を手掛ける会社がある、ということです。土地と建物は同じ会社にワンストップで頼んだ方が手続きもスムーズで効率が良く、無駄な出費も押さえられます。

一般的には、この段階で施工会社に家の建築プランと概算見積りを出してもらうことになります。
その際、施工会社は、希望した土地が法的な規制をクリアしているのか、実際に家を建てることができるかどうかを調べます。

土地・住宅のプラン・費用が決まれば、いざ本契約

⑤ 依頼先の決定(およそ6~8ヶ月)
施工会社が信頼できると判断されたなら、家の間取りなど具体的なプランニングに入ります。ご自分の希望はどんどん伝えましょう。
また、この段階で建築費等が具体的に見えてきます。実際には資金計画の段階で金融機関に住宅ローンの事前審査を受けておくと今後の流れがスムーズになります。

ただ、最終的な見積りを出すためには地盤調査が必要になります。問題がなければいいのですが、地盤改良が必要であることが分かると、その費用に約200万円から400万円前後、場合によってはそれ以上かかることもあります。土地を決める際には十分注意する必要があります。

⑥ 施工会社との本契約(およそ8~9ヶ月)
土地、建物のプランニング、予算等が決まると、いよいよ契約に移ります。この段階では予算も確定されますので、あらためて銀行に住宅ローンの本申込みを行うことになります。

施工会社との契約は、注文住宅の場合「請負契約」という契約になります。最終的な契約ですから、契約内容については十分な説明を求めましょう。この後、建築確認済証の交付を受け、いよいよ工事が始まります。

理想のマイホームが現実に

⑦ 着工から完成(およそ9~12ヶ月)
さて、ようやく工事が始まります。しかし、地鎮祭、そして近隣住民への挨拶、上棟式など、やるべきことはたくさんあります。

施工現場には積極的に足を運んでみて下さい。ご自分の家が完成するまでの様子が分かり、また、注文した側と建てる側(大工さんたち)、お互いの顔がよく見えることで、より満足できる家作りになるとおもいます。

⑧ 引渡しと入居(およそ12ヶ月)
ついに「自分の家、家族の家」が完成しました。
引渡しの前に、施工会社の担当者や工事管理者等と一緒に建物をチェックします。「完成立会い」と言われるものです。そして、入居。ご自分の家で、ご家族との生活が始まります。

さて、ここまで、自分の家が完成するまでの流れを簡単にお話ししてきました。今回お話ししたことだけでも、はじめに申し上げたお客様のお気持ち、「とうとう家が建った」「長い道のりだったなあ」というお気持ちがお分かりいただけたのではないでしょうか。

私たち沖拓建設は、家を建てたいとお考えになったお客様が実際にご自分の家にお住まいになるまで、又、完成引き渡し後も常に良きパートナーとしてサポートし続けています。
まだ実際に家を建てると決めていなくても大丈夫。一期一会を大切に!家づくりのご相談から資金面でのお悩みまで、いつでも気軽に声をかけてください。

この記事を書いたプロ

足立信一

足立信一(あだちしんいち)

足立信一プロのその他のコンテンツ

Share

足立信一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-303-069

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

足立信一

株式会社 沖拓建設

担当足立信一(あだちしんいち)

地図・アクセス

足立信一のソーシャルメディア

facebook
facebook
google-plus
google-plus

足立信一プロのその他のコンテンツ