まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
磯谷貴之

「健康体を目的とした」パーソナルトレーニングのプロ

磯谷貴之(いそがいたかゆき)

Personal Training Studio『falcon』

お電話での
お問い合わせ
090-3959-3229

コラム

「良い姿勢」の勘違い

2018年7月17日

「猫背が気になるので日常から胸をはるように意識しています」というお客様で、

「腰痛」を抱えている方は非常に多いです(女性のお客様に特に多く見られます)。



また「姿勢が良い」と周りから言われるような人の中にも、腰痛を抱えている方は非常に多いです。




猫背は見た目の問題だけでなく、胸郭が下がり肋骨の動きも悪くなるため、呼吸が浅くなります。



そのため「疲れやすさ」「倦怠感」「イライラ」「不安感」につながるため、猫背の改善は健康面の改善にもつながります。




ただし、ここでテーマになる「猫背の改善=胸をはる」を専門的に言うと、


「胸郭を起こす」


という表現になります。








けれども、胸郭は


①身体の前面の硬さ(胸部、おなか、そけい部、もも前)を取り除く

②背部やおなか・おしりの筋力をつける


というステップを踏まない限り、簡単には胸郭は起こせません。




ですので「胸郭を起こしている」つもりでいても、実際はできていない。




実際は、


「腰を反る」


ことで胸を張っている(=胸郭を起こす)ように見せているだけです。

(=これらを「代償動作」「トリックモーション」と言います)








胸を張れているようで、実際は腰を過剰に反っている。


そのため腰の痛みとして表れる。


そのようなお客様は非常に多いです。




ここで難しいのが、正面から見ると同じように胸を張っているように見えることです。


だから「腰を反っている人」も姿勢が良いと見られがちです。


そこでそのような違いを判断するための簡単な評価は二つあります。



一つ目は、横から見ると腰を反りすぎているのが分かります。

けれども専門家でないと、違いに気づきにくいと思います。




二つ目の評価の方がわかりやすく、あおむけに膝を曲げて寝た時に、腰のすき間があるかどうかです。





通常は腰が床についている、もしくは若干のすき間しか空きません。

けれども手の平が容易に腰と床のすきまに通せたり、げんこつが入るようなすき間をかかえている方もいます。



トレーニングを重ねていくことでこのすき間は必ず改善しますし、

このようなタイプの腰痛を抱えた人はfalconでは皆様改善されています。



また、falconでは日常の姿勢を指導することほとんどありません。

姿勢を気にすることが逆に緊張や硬さにつながることも多いからです。



それよりも「意識しなくても自然と良い姿勢になる」ように、

筋力トレーニングやほぐしエクササイズを行うようにしています。




「意識している」

「自分ではできているつもり」




ご本人の意見は尊重しつつ、鵜呑みにすると問題が見えてこないことも多々あります。


トレーナーは冷静に客観的に第三者目線から、そしてプロの目線からきちっと評価する必要があります。



パーソナルトレーニングスタジオfalcon代表
磯谷貴之
https://www.falcon-okinawa.com/

この記事を書いたプロ

磯谷貴之

磯谷貴之(いそがいたかゆき)

磯谷貴之プロのその他のコンテンツ

Share

磯谷貴之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-3959-3229

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

磯谷貴之

Personal Training Studio『falcon』

担当磯谷貴之(いそがいたかゆき)

地図・アクセス

磯谷貴之プロのその他のコンテンツ