まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ沖縄
渡慶次佳朗

労務課題を社労士業務とコンサル業務で解決するプロ

渡慶次佳朗(とけしよしろう)

グスクード社会保険労務士事務所

お電話での
お問い合わせ
098-862-3018

渡慶次佳朗プロのご紹介

労務課題を社労士業務とコンサル業務で解決するプロ(3/3)

少子高齢化が進む日本だからこそ、介護と医療業界の労務課題をなんとかしたい

少子高齢化が進む日本だからこそ、介護と医療業界の労務課題をなんとかしたい

 「介護や医療業界の労務課題に取り組んでいきたいと考えています。人の命を守る上で大切な分野ですが、実は人事に関する課題がとても多いのです。特に介護業界は、労務関係以外にも、制度や仕組みが他の業界に比べてとても複雑なので、事業者が全部を理解するのが大変なのです」
 この影響で、補助金などの制度があるにもかかわらず、これを知らないがために資金不足で倒産してしまう事業所もあるそうです。「制度の認知だけでなく、社労士に相談ができることすら知られていないと思います」
 世界の中でも少子高齢化が進む日本。だからこそ、介護分野に関する制度や仕組みを日本から発信していき、今後高齢化を迎える世界各国で活用するべきだと渡慶次さんは話します。介護分野に強い全国80ヶ所の社労士事務所が、すでに連携を始めており、渡慶次さん率いるグスクードは、沖縄の事務所としては唯一参加しているそうです。
 最後に、渡慶次さんに社労士としてお伝えしたいことについて伺いました。
「特に中小企業の経営者の方に知っておいて頂きたいのですが、雇用関係の助成金について、申請ができるのは社労士と弁護士のみなのです。この事実はあまり知られていません。助成金コンサルタントと称して、話を持ちかけてくるケースがありますが、資格が無い場合は違法となりますのでご注意ください」
 沖縄ではこのケースに引っかかる企業も多く、もし被害が出たとしても泣き寝入りになってしまうのだそうです。罰則規定もあり、最悪の場合は違法行為として処罰されることになりますので、雇用関係の助成金申請は、専門家でもある社労士に相談しましょう。

 (取材年月:2017年6月)

3

渡慶次佳朗プロのその他のコンテンツ

Share

渡慶次佳朗プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
098-862-3018

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渡慶次佳朗

グスクード社会保険労務士事務所

担当渡慶次佳朗(とけしよしろう)

地図・アクセス

渡慶次佳朗プロのその他のコンテンツ