マイベストプロ沖縄
渡名喜誠

お客さまの要望に合った床材を提案する無垢材のプロ

渡名喜誠(となきまこと) / 輸入販売業

株式会社アース貿易

コラム

無垢フローリングのメリットとデメリット

2021年6月7日

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: フローリング 素材



フローリングには無垢フローリングや複合フローリングなどいくつか種類があります。
数ある中からどう選べばいいのかわからないというお客様も多くいらっしゃいます。

弊社で主に取り扱っているのが無垢フローリング。
無垢フローリングとは単層板でつくられたフローリングのことです。

無垢フローリング断面写真


無垢フローリングのメリット

1)木のあたたかみ
フィトンチッドと呼ばれる木の香りにはリラックス効果や抗菌作用あると言われています。
弊社の事務所も床や壁に無垢フローリングを使用していますが、来客した方に木のいい香りがすると言っていただくことがあります。

2)歩行時の弾力感
木材には無数の小さな穴があり、それにより弾力感が生まれ歩行時の膝や腰などへの負担も少ないです。

3)調湿性、強度、耐久性に優れている
木材の無数の穴により調湿効果も生まれます。

無垢フローリングのデメリット

1)伸び縮みが起こりやすい
環境に左右されやすく、湿度や気温によって伸び縮みが起こりやすいです。
湿度が高いと湿気を吸って膨張し、反対に湿度が低いと水分を放出して縮みフローリングとフローリングの間に隙間ができたりします。環境に合わせて施工時に工夫が必要です。

2)価格
複層フローリングやビニール素材のフローリングに比べて価格は高い傾向にあります。


無垢フローリングの材質や加工の仕方によっても見た目や特徴が異なるので、フローリング選びに迷っている方はぜひ一度ご相談ください。

この記事を書いたプロ

渡名喜誠

お客さまの要望に合った床材を提案する無垢材のプロ

渡名喜誠(株式会社アース貿易)

Share

渡名喜誠プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
098-893-6798

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渡名喜誠

株式会社アース貿易

担当渡名喜誠(となきまこと)

地図・アクセス

渡名喜誠のソーシャルメディア

rss
スタッフブログ
2021-06-11
rss
施工事例ブログ
2021-06-04
facebook
Facebook

渡名喜誠プロのコンテンツ