まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
田岡良一

安心できる仏壇・墓石選びのプロ

田岡良一(たおかりょういち)

(株)田岡仏壇店

お電話での
お問い合わせ
086-279-1813

コラム

『オリーブウオールナット』という木で作った唐木仏壇

仏壇について

2015年8月23日 / 2015年10月15日更新

コラムをご覧いただきましてありがとうございます。感謝です。



先日のコラムで『槐』えんじゅのお仏壇の紹介をさせていただきました。槐には『魔除け』の意味がありますと書いたのですが、また感じを変換させまして「延寿」寿命が延びるとか、「縁授」ご縁をたくさん頂けるといった意味合いもございます。



また唐木仏壇はよく言われる紫檀・黒檀が代表的な材料になるのですが、その他にも黄王丹(きおうたん)・鉄刀木(たがやさん)・桑・欅(けやき)・屋久杉などなど様々な材料もあります。黒檀は基本黒いのですが、紫檀は明るめ、明るさを抑えた色(ウグイス色)といった商品もございます。



また最近では家具風のお仏壇も多くあります。家具風の仏壇には、ニレ、チーク、タモ、メープルといった材料が使用されています。



そのような中、本日ご紹介する材質はオリーブウオールナットという材です。まずはオリーブウオールナットを使用したお仏壇をご覧ください。







欅のように明るすぎず、紫檀・黒檀といった材料ほど暗くもないちょうど中間色といった色合いです。写真を拡大してご覧いただけましたら木目がよりよく見えると思うのですが、今の写真ですと少し見えにくいかもしれません。オリーブとなっていますがオリーブの木ではありません(念のため)・・・オリーブの木の木目とは全く異なります。



今回はおりオリーブウオールナットの材料を使用して作りましたお仏壇の紹介でした。


よろしくお願いいたします。


生かさせていただいていることに感謝です。

この記事を書いたプロ

田岡良一

田岡良一(たおかりょういち)

田岡良一プロのその他のコンテンツ

Share

田岡良一プロのその他のコンテンツ