マイベストプロ岡山
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ岡山
  3. 岡山のスクール・習い事
  4. 岡山の音楽教室・レッスン
  5. 吉井江里
  6. コラム一覧
  7. 【音楽雑記】オルガンを弾くと思い出す小学校の頃のこと。合唱との出会い。
吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(よしいえり) / 教師

ソット・ヴォーチェ

コラム

【音楽雑記】オルガンを弾くと思い出す小学校の頃のこと。合唱との出会い。

2021年11月23日

テーマ:音楽雑記

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: ボーカルトレーニングボイストレーニングピアノレッスン

コロナ禍になって
「合唱」や「歌」そして「人が集う」ことが仕事の多くを占めていた私の仕事は激変しました。
とても残念でしたがやめることになった仕事もいくつかあります。
歌え!上之町3

歌え!上之町 アップ


それまでは考えたこともなかった。
もっともっとたくさんの人と密で賑やかに音楽を続けられると思っていたので
そのショックは大きかったです。

でも、「時間」が生まれ、今までになく「練習時間」や「音楽と向き合う時間」
「聴く時間」などが増えたのです。
そして自宅レッスン室においたままになっていた足踏みオルガンをやっと弾く気持ちに。
足踏みオルガン全体
このオルガンはヤマハのもので、もちろん現在は製造されていません。
全く電気を使うことなく、足でペダルを踏んで空気を送り、音が鳴るという仕組みで
私たちが小学校の頃は各教室に必ず一台はあったと思います。
そのほかに音楽室に行けばかなりの数のオルガンが演奏しない時は机がわりにもなって
教室いっぱいに置いてありました。

オルガンと私

数年前に大学の先輩が「終活でオルガンを手放すから買ってくれる人を探している」というのを
人伝に聞き、興味は少しありましたので
先輩と電話で話をしました。
私は夫を13年前に亡くし、二人の娘を県外の学校に行かせていた頃で
当時はとてもじゃないけれど生活費と学費、仕送りなどで余裕がなくて。
そのことを話しましたら先輩は「それならあげます」と驚くようなことを
おっしゃってくださり、申し訳ないな、と思いながらも
「このオルガンが役に立つと思う人のところに行けるなら」と言われる先輩のお気持ちを
遠慮なくいただくことになりました。
運搬の費用だけなんとか工面して、自宅にお迎えしました。

が、忙しくて全然弾くことができない。
このオルガンはここに来てよかったのだろうか、
申し訳ないなと思いながら3年ほど経ちました。
そして昨年からコロナの関係で時間が生まれ、オルガンを弾く時間を楽しむことをはじめました。

ペダルを踏むごとに、小学生の頃の思い出が蘇ります。
入学した小学校は親の仕事の関係で2年の初めに転校することになり
行った先のクラスの教室は木造の校舎で、何もかもが木でできていました。
机も階段も木で、その広々とした教室で担任の先生からたくさんの歌を教わりました。

みんなで競って新しい歌をおぼえ、小二でも少しハモってみたりして・・・
そのうちに先生が合唱の指導もされていることを知り、ほのかに合唱への憧れが生まれます。
3年生になった時に、先生はもう担任ではなくなりましたが
指導されている小学校の合唱団へ誘ってくださいました。
それも伴奏もする団員として。
今思うと先生はなんて大胆な人だったのだろう?と驚きますが
それが現在の自分の職業になっているから、本当に驚きます。

歌え 4

合唱団の練習はピアノはもちろん使いますが
それぞれのパートの練習はオルガンでした。
それも学年としてはまだ幼いのに先生がアルトの音取りを任せてくださいました。
合唱の指導を現在仕事にしているので、その頃から同じことをしているということに
これまた驚くのです。

練習の時のエピソードなどが次々と思い出されます。
最近のことは物忘れが激しいというのに
昔のことは鮮明におぼえているものです。

懐かしいなあ、、、と思いながら
オルガンに向かって「自粛生活」を結構楽しむことができました。
あの時、先生が合唱団に誘ってくれなかったら
もしも私が「嫌です」と断っていたら
私は今何の仕事をしていたのでしょうか?
それも想像してみると面白いですね。
でもきっと音楽かな?音楽は自分にとって生活の一部です。
これからも命ある限り続けていくから。

先生、ありがとうございました。
オルガンとお花

現在の講座案内です。
岡山市近郊の方におすすめです。
オンラインは12月から、このマイベストプロのダイレクトのシステムで
zoomを使用して行います。

youtube
blog
音楽コラム

この記事を書いたプロ

吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(ソット・ヴォーチェ)

Share

関連するコラム

吉井江里プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4147-4303

 

音を扱う仕事ですので電話に出られる時間は限られており、着信音も消していることが多いです。
メッセージを残していただければ折り返し連絡させていただきます。
なお、営業や勧誘の電話はご遠慮くださいませ。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉井江里

ソット・ヴォーチェ

担当吉井江里(よしいえり)

地図・アクセス

吉井江里プロのコンテンツ