まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

お電話での
お問い合わせ
090-4147-4303

コラム

楽器は音を鳴らしてこそ。練習は大変だけどちょっとやってみませんか【楽器をはじめてみませんか?】

楽器について

2018年8月4日

実は「楽器は音を鳴らしてなんぼだなあ」と思っているのは私です。
我が家では恥ずかしながら弦の楽器が鳴らさずに壁にかけてあったり、
立てかけてあったりしているだけで活用できていないのです。
美しいかたちをしているから眺めているだけで幸せなのですが
その美しいかたちは美しい音を出すためでもあるのです。



仕事ではピアノは使います。毎日。ピアノもいろいろありまして、その場所にあればそのピアノ。
なければ電子ピアノを自分で運んで行って弾きます。
時には鍵盤ハーモニカ、ハーモニカなどを吹くこともあり。

しかし、この部屋にある弦が張ってある楽器類や打楽器についてはあまり活用できていないのです。
このまま飾りで終わるのか?イルカさんの「なごり雪」一曲でもいいから
ギターやウクレレを爪弾くことができるのだろうか?
それはわからないのです。
でも、もしも、もしも弾けたらいいだろうな〜と思う。
そうそうこんな曲がありましたね「もしもピアノが弾けたなら」
ピアノにも憧れる方は多いことでしょう。
いきなりは無理かもしれないけど、ほんの少しでいいからポロンポロンと鳴らすときっといいでしょうね。
あとはやる気だけです。

じゃあそのやる気はどうしたら出るの?

実は楽器は左手が活躍するのです。この左手というのは普通に生活の中ではここまで動かさないです。
添えるようなことが多いこの左手を楽器で使うことになると右の脳を刺激するのでは?と言われています。
私は医学博士でもなんでもないので脳のことはわかりませんが
「楽器の習得において左手がとても重要であり、どうやらそれは老化防止にいいのではないか?」ということはなんとなくぼんやりとわかります。

生演奏を聴いてみると「ああ、ちょっとわたしもやってみたいな〜」と思うかもしれません。

さて、岡山のケーブルテレビ「オニビジョン」さんのコミュティチャンネルで歌う番組を担当し
私の講座のみなさんに一緒に歌ってもらっていて、毎日その様子を流していただいております。
歌詞のテロップも出ますからご家庭で一緒に歌っていただけたらと思います。
今までは私のピアノ伴奏がほとんどでしたが
この6月には「オルガン」と「ウクレレ&ギター」の伴奏も加わりました。


昔楽器の練習をされていた方も、最近はじめた方も一緒に練習を重ねています。
コードをおぼえるのは大変なことだと思いますが
みんなで一緒に演奏しながら歌おう!という目標があるのがとてもよいことだと思います。

オニビジョン「歌おうみんなで」ごらんください。
オニビジョン番組案内
ウクレレと歌でご参加いただいているみなさんは
芳田公民館の「ウクレレ弾いてみま専科」のみなさんです。
時には「チーム夕焼けこやけ」という名前でも活動。
10月の山陽新聞感謝祭では一緒に演奏予定です。
ご期待ください。

大人になってからの楽器の習得には時間がかかり、子供達にくらべるとゆるやかな成長かもしれないですが
大人ならではの力も発揮することができますので飛び込んでみられてはどうでしょう?


講座案内一覧
ブログ
吉井江里HP

この記事を書いたプロ

吉井江里

吉井江里(よしいえり)

吉井江里プロのその他のコンテンツ

Share