まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

お電話での
お問い合わせ
090-4147-4303

コラム

歌や合唱の自宅練習はこんな風にしてみてはどうでしょうか?【自宅での練習方法】

2018年6月29日 / 2018年7月26日更新

合唱団の練習。

みんなで歌うときでの「合わせる」練習は大切。そしてとても楽しい。

そのほかに個人的に練習していただくと本当に上手になるのだけど
おすすめしているのが、声を出さないトレーニングなど。

何度も何度も歌っても、案外上手になっていないかもしれません(失礼)。

正しい音程で歌っている、美しい合唱や歌の音源を聴く。

聴きながら楽譜を目で追う。
このときについいっしょに歌ってしまってもあまり効果はないです。

ちゃんと聴く。
ただしい、うつくしいものをちゃんと聴く。

そういうことを1日に15分でいいから、ほんの少しの部分でいいからやっていただければ
かなり実力がアップします。

つい歌ってしまってませんか?
もちろん歌うことも大事かもしれないけど
今は「聴く」ことが大事。
耳で、ハートできちんと「聴く」ことが大事かもしれません。

その「聴く」ことができると
ハーモニーは整っていくのです。
「歌う」だけ
じゃなくて
「聞き合いながら歌う」が大事。

そのほかにも
今日はたとえば外国の言葉のものだったら
その言葉だけ、歌詞だけしゃべってみる。
その歌詞を歌うリズムで、でも音は同じ音でしゃべってみる。
ここで歌っちゃう人はしっかり脳にはたらきかけて。

きちんと聴くことは何より。

ハモったときの達成感はなにものにもかえがたい。

本気でやってみたら
結局はご自分自身のためになると思います。
練習したことが身につくときっと脳がいきいきすると思う。


上野長

講座案内一覧
ブログ
吉井江里HP
インスタ

この記事を書いたプロ

吉井江里

吉井江里(よしいえり)

吉井江里プロのその他のコンテンツ

Share

吉井江里のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-18
instagram
吉井江里Instagram