まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

お電話での
お問い合わせ
090-4147-4303

コラム

講座日記 2018年6月7日(木)童謡より「とんがり帽子」「ママのおひざ」など

童謡、唱歌、愛唱歌の魅力

2018年6月8日 / 2018年7月1日更新

講座日記 2018年6月7日

梅雨の合間の晴れの日。朝からとても暑い。

今日の「心を癒す懐かしの童謡唱歌、愛唱歌」の講座は体験デーでもあったので
お一人の方が新聞を見て参加してくださった。



今日、6月7日は「芒種」
72候では「蟷螂生ず」この「蟷螂」という字も「芒」という字も普段は書くことも
読むことすらない。

童謡や唱歌の中にも難しい漢字がたくさん出てくる。言葉の意味もわからない時もあり
当時は「国語教育」と「音楽教育」が同時に行われてきたんだろうな、と強く感じる。
そうでなくても現代の私たちはパソコン、携帯、スマートフォンの出現によって
字を書くことも減っており、活字離れの問題も大きいと思っている。
季節や自然、日常のこと、植物、動物を題材とした「童謡」「唱歌」は勉強する題材としては奥が深く、回想や想像なども楽しめる。

思えば音大時代にも卒業してからもこのあたりの楽曲に触れることは大変少なかった。
それは問題かもしれない。
日本の大事な素晴らしい楽曲を「子供の歌」「古い歌」としてしまっているような気がする。


軽い体操や発声練習のあと、「童謡」の本から「お母さん」に関する歌、「母」「母ちゃん」「ママ」「おかあさん」「おかあさま」などというワードに関するものをずっと5月から歌っているが、まだまだたくさんあるので続けて歌っている。

今日は「童謡」の本より

「とんがり帽子」昭和22年NHKラジオ「鐘の鳴る丘」の主題歌
        「父母の 元気でいろよという声よ」「父さん母さんいないけど」という歌詞が出てくる。戦後すぐの作品で父母を亡くした子供達。「おいら」と自分のことを呼ぶ少年。
歌うとその明るくて付点のリズムの軽快さと内容の厳しさの両方を味わえる。
また、作曲の古関裕而氏は甲子園の歌の作曲家であり、少しあの曲と雰囲気が似ていることや
「風がそよそよ」のあたりで音符の長さが長くなり、非常に魅力を感じる部分。
(すべて個人的な感想です)

「ぞうさん」昭和27年NHK「うたのおばさん」
作詞のまど・みちおさんの名前はひらがなで印象的だが、この曲の隣に出ている曲は「こどもの楽隊」という曲で作詞が おか・みち さん。作曲が とやま・せんろく さん。あれ?もしかしてひらがなで書くのが流行っていたのかな?などと思ってしまう。

その後、次のページを捲ると「月見草の花」が出てきたので歌う。この「月見草」の花は6月から開花すると聞いていたのでちょうどよいなと思った。この曲は歌うと歌詞がほんのちょっと「みかんの花の咲く丘」を思い出させる。
「ぞうさん」といっしょで三拍子であるので少し三拍子について「1、2、3、と三角形で考えるよりも1小節を一つの円のようにとらえて一拍目にポイントをおいてみては?」と手などで拍子のとりかたを皆でやってみる。ずっと座ってじっとして歌っていると体がかたくなってしまうこともあるので合間にこうして動いたり音を出したりする動作を入れるとよいと感じる。

そのあとも「ママのおひざ」昭和26年、「べこの子うしの子」昭和29年、「おかあさん」昭和29年と続けて歌う。

「おかあさん」には「おかあさんていいにおい」という言葉が出てきて、それは「せんたくしていたしゃぼんのあわのにおい」と「おりょうりしていたたまごやきのにおい」と続く。

そこで質問!「たまごやきは甘いのとそうでないのとどっちが好きですか?」挙手してもらうと25人ほどの教室では半々に分かれた。
もうお昼前なのでおもわず「どっちでもいいけどおなかすいた。食べたいな」って気持ちになってくる。

講座はこうやって生徒さんたちと会話しながら進めると本当に楽しい。

そしてそれらの楽曲の合間に出席をとってお名前を呼ぶ。お顔を確認する。
この作業をしているとどこで会ってもどの教室の〇〇さんというのがすぐにわかる。
場所が違うところで出会っても生徒さんがわからないと気まずいのでなるべく頑張っておぼえるようにしている。
しかし私も五十代なかばなので「おぼえにくくなったな〜」と実感する毎日である。

この他に「椰子の実」と「かもめの水兵さん」について調べたことをみなさんにお伝えする。

どの曲にもエピソードがあり、いくらでも調べることがある。まだこの先10年以上かかりそうだ。
なるべく元気でいて調べたことは発信していきたいと思う。

最後に7月に入ったら「七夕会」をすることをお伝えする。
これは私の教室のほとんどで行なっている大事な行事。若い頃はそんなことをするなんて考えたこともなかったがだんだんと「季節の行事」の大切さがわかるようになってきた今日この頃である。

「童謡、唱歌」だけを歌っていると少し真面目すぎて窮屈になることもあるので
最後に「恋愛」に関する曲も歌って解散した。



庭の花をお供に。


    

講座案内一覧
ブログ
吉井江里HP

この記事を書いたプロ

吉井江里

吉井江里(よしいえり)

吉井江里プロのその他のコンテンツ

Share