まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

お電話での
お問い合わせ
090-4147-4303

コラム

山陽レディース倶楽部 きらり 第3回ステージイベントの第1部のコンサートを担当しました

2016年12月5日

11月29日岡山シンフォニーホールで開催された
「山陽レディース倶楽部 きらり」第3回ステージイベントの第1部を担当しました。

きらりリハ ピアノ

写真はリハーサルの様子です

最初はピアノ演奏です。
懐かしい歌をピアノで綴るということで
「埴生の宿」「旅愁」「花かげ」の三曲をメドレーにしてピアノで。
編曲はもちろん自分でしました。その前後に私が作った「点字のラブレター」のメロディーを入れての演奏です。

2曲目は弾き歌いで
「さくら貝の歌」この曲がつくられたいきさつを調べれば調べるほど心をこめてうたわねば!と思いました。その作曲と作詞の背景や、
作曲家の八州(やしま)秀章氏の詠んだ短歌もピアノを少し弾きながら語りを入れさせていただき
歌いました。

3曲目、4曲目は合唱団「エリーズ合唱団」が入場。31名で歌いました。
曲は「遠い日の歌」この曲はパッヘルベルのカノンをモチーフに書かれています。

パーカッションの森本奈津江さんも入り合唱は「心の瞳」を歌いました。

その後はカルチャー受講生40名が舞台へ。
会場の皆様も一緒に「赤とんぼ」を歌いました。こちらはアカペラ(伴奏無しで声だけ)で。

次にピアノと打楽器が入って「浜辺の歌」

素晴らしい歌声が客席からステージに押し寄せて来て大変幸せな気分でいっぱいになりました。

そして「異邦人」パーカッションの力強い響きに心がどきどきしましたね。

最後は「翼を下さい」
少しだけ振りもつけて、会場と一体となった歌の世界のフィナーレを迎えました。

「もっと歌いたかった」「もっと聴きたかった」と言っていただけました。
何か企画しないと!と思います。

どうもありがとうございました。
またぜひご一緒に音楽を楽しみましょう。


きらりステージ

講座案内一覧
ブログ
吉井江里HP
インスタ

この記事を書いたプロ

吉井江里

吉井江里(よしいえり)

吉井江里プロのその他のコンテンツ

Share

吉井江里のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-18
instagram
吉井江里Instagram