まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
吉井江里

歌って笑って元気になれる音楽指導のプロ

吉井江里(よしいえり)

ソット・ヴォーチェ

お電話での
お問い合わせ
090-4147-4303

コラム

70の手習い 番外編

ワクワクする生き甲斐作り

2014年2月1日 / 2017年8月19日更新

ある方からご相談いただきました。
70代のその方ですが、春に人前でピアノを弾く機会があるそうです。
2曲を選択されて日々練習に励んでいらっしゃるのですが
このたび聴かせていただきました。
きちんと丁寧に弾かれていますので
少しアドバイスをさせていただきました。

後日
「もう少しテンポ(速さ)を上げてみたい」とご連絡下さったので、お目にかかる用事があったときに下記のようなメモを渡しました。
曲によってはゆっくりで弾けたらぜひテンポをあげたいものもありますね。
根気よく焦らずに練習を続けたら可能なのです。
それには年齢は関係ないです。



ピアノ練習のコツ(テンポを上げるには)

全体に音がわかり
指遣いもわかってきたら、今度は日々の練習を工夫してみましょう

まず、曲をいくつかにわける→最初から最期迄の練習は時々にしましょう

それぞれの部分をていねいにゆっくり何度も弾きます。短く区切った方が
指はよくおぼえます

両手での練習の他に
とにかく左手をゆっくり何度も弾きましょう

ゆっくりで問題なく弾けるようになったら
次は左手だけで速く弾きましょう→これもかならず区切って。

今度は気になるところだけ取り出して何度も弾きましょう

ピアノで弾く時間の他に
楽譜を見ながら何度も歌いましょう。鼻歌のように。楽しく。
そのときは、指の動きを気にしないでいいので、速く。

もしもメトロノームでの練習が可能ならば
ゆ~っくりから合わせてみて、
少しずつ速さを上げていくことを毎日重ねていくと(最初はかならずゆっくりから)
かなり変化していくと思います



吉井江里

講座案内一覧
ブログ
吉井江里HP

この記事を書いたプロ

吉井江里

吉井江里(よしいえり)

吉井江里プロのその他のコンテンツ

Share