まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
佐伯泰弘

住宅に地盤が原因で発生する問題解決のプロ

佐伯泰弘(さえきやすひろ)

ソイルクリエイト

コラム

造成工事の不備による不同沈下

2014年1月11日

不同沈下の原因の一例である造成工事の不備
 造成工事の不備により、不同沈下を発生したケースで、以下のような状況がありました、

・軟弱地盤上に盛土造成された宅地で、建物が沈下を発生
  軟弱地盤に盛土造成を行った場合、盛土が長期間にわたり、地盤沈下を起こし、その影響で、建物に不同沈下が発生したり、杭工事(支持杭)を行った場合は、建物が地盤に対して抜けあがってしまい、基礎下に空洞を発生する場合もあります。造成の規模によっては、多くの建物がまとまって不同沈下を発生しているケースも見られました。これらのケースでは、建築時に地盤調査や、対策工が実施されていない場合が多く、修復工事には、多額の費用がかかるため、そのまま放置されているケースが多く見られました。
軟弱地盤の場合、地盤沈下が時間経過とともに終息に向かう傾向もあるため、修復工法の選定にあたっては、その見極めがポイントとなります。

・傾斜地の切盛造成された宅地で、建物が沈下を発生
  山地や丘陵地では、平野部の軟弱地盤と違って比較的安定した地盤であるケースがほとんどです。しかし、宅地として造成する場合は、必ず、地山を掘削、盛土をする事となり、特に盛土部分の施工が不備の場合、不同沈下の原因となる場合があります。
  造成が完了した状態では、切土、盛土の判別は困難である場合が多く、どのような造成が行われたかを把握することが重要なポイントとなります。また、地質によっては、時間経過とともに、地盤が強度低下を起こし、地盤沈下を発生する事もあり、地質を把握する事も重要なポイントです。
  また、造成に伴い擁壁が施工される場合も多く、この擁壁が原因と考えられるケースも多数発生しています。擁壁にクラックや傾斜が発生したり、水抜き穴から常時、水が出でいる場合や、全く水が出てこない場合も要注意です。


 造成工事の不備が原因の不同沈下は、造成業者、建築業者の間で、責任問題で紛争となる場合も多く注意が必要です。また、国土交通省や、UR都市機構、全国大手の造成業者等による造成地でも、不同沈下は発生しています。非常に難しい問題ではありますが、建築主の自己責任で対応せざるを得ない部分が多いのも実情だと思います。そのための手助けができればとも考えています。

地盤に関する相談

地盤に関して気になることはまずご相談ください。
相談の流れ
相談事例

この記事を書いたプロ

佐伯泰弘

佐伯泰弘(さえきやすひろ)

佐伯泰弘プロのその他のコンテンツ

Share

佐伯泰弘プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6330-9451

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐伯泰弘

ソイルクリエイト

担当佐伯泰弘(さえきやすひろ)

地図・アクセス

佐伯泰弘プロのその他のコンテンツ