まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
松浦容子

脳活・美活に取り組むピアノレッスンのプロ

松浦容子(まつうらようこ)

サロン・ド・アコール

コラム

保護者の方とピアノ教本

ピアノ

2017年10月3日 / 2018年2月15日更新

レッスンで習ったことを定着させ上達につなげたい場合、やはり練習が必要です。
ただ、小学校に上がる前の生徒さんには「宿題」という概念がほぼありません。
「お家でやってこようね。」
やる、やらないは別として、このフレーズがすんなり通じるのは、小学生以上の生徒さんです。

それまでの「お家でやってこようね。」はどうするのでしょう。
「お家の方とやってこようね?」

ピアノの先生に、お家の状況をお伝えしてみるといいですよ。

実は昭和に使われてきた「バイエル」などは、お家にお母さんがいて、ピアノのそばについて指示があって成立する教本です。
今は働くお母さんも増え、お子さんのピアノをお家でみる時間がなかなか取れませんよね。
お子さんの練習時間も減っている時代変化に合わせて、ピアノ教本も新しくなっています。
「練習は少なく。でもピアノが弾けるようになりたい。」という声に答えて、進度はゆっくりですが 、一人でも取り組みやすいイマドキの教本が出てきています。

最初はスイミングスクール感覚で、ピアノレッスンに通う考え方も有りです。

保護者の方に進度についての考え方やお家で練習に関われる時間などをきいて、
よりよいレッスンにつなげます。


1710pianotextbook
2017年発行「ピアノ教本ガイドブック」著者、山本美芽先生 ピアノ教本セミナー受講


●10月1日更新ブログ
レッスンは水物

●サロン・ド・アコール ピアノ教室 ホームページ
https://s-d-accord.com

この記事を書いたプロ

松浦容子

松浦容子(まつうらようこ)

松浦容子プロのその他のコンテンツ

Share

松浦容子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-5612-6307

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松浦容子

サロン・ド・アコール

担当松浦容子(まつうらようこ)

地図・アクセス

松浦容子プロのその他のコンテンツ