まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
光畑浩美

音楽を「魂の薬」として生きる力に繋げるプロ

光畑浩美(みつはたひろみ)

一般社団法人全日本らくらくピアノ®協会 

お電話での
お問い合わせ
06-6734-3339

コラム

月刊ショパン連載: 「大人ピアノ指導のコツ」 第10回・前半 性格に合わせた指導法 (女性編)

【大人ピアノ初心者を専門とする指導法】

2014年4月1日 / 2016年1月24日更新

いよいよ、新年度スタートですね。

引き続き、高齢化社会にしっかりと対応出来ますよう、
力を合わせて、努めてまいりたいと存じます!



さて今回は、
『 その10 性格に合わせた 3タイプの指導法 (女性編) 』 について、
月刊ショパン連載記事の裏話をお伝えします。

内容は、
「 テキストを、どの様に進めていけば良いのでしょうか? 」
に関してのお話です。

正直、この質問に関するセミナーは、
珍しくありません。

『 らくらくピアノ認定講師養成講座 』 でなくても、
その他の、あらゆる場所で開催されています。

しかし、その殆どが、
「 演奏技術の向上 」 ・ 「 効果的なレッスン法 」 を中心に、
論点が合わされています。

何故だかお解りですか?

それは、
『 テキストをこなす = 演奏技術の向上 = 受講生の喜び 』
に繋がるからです。

確かに。

「 演奏技術の向上 」 等は、
現場においても、大変喜ばれます。

しかし、ちょっとお待ち下さい!

現場で指導していますと、必ず、ある疑問にぶつかります。

それは、
『 テキストをこなす = 演奏技術の向上 = 受講生の喜び 』 は、
「 本当に、継続レッスンに繋がるの? 」

という疑問です。

いきなりですが、
結論からお伝えします。

『 演奏技術の向上は、子供ピアノ指導では継続に繋がり易い。
しかし、大人ピアノ指導においては、それだけでは、決して継続に繋がらない。 』

これが、“ 現場の答え ” です。

非常に多くの現場で、その結果が出ています。

その理由はお解りですね。

“ 演奏技術の向上 ” を主体とするレッスンは、
年齢を重ねると、無理が生じるからです。

「 何? そんな事? 当たり前やーん! 」 
と思われるかも知れません。

しかし実際、頭で解っていても心で解っていない講師は、
どうしても、演奏技術向上に力を注いで、指導を行います。

ですから多くの場合、
大人生徒は、“ 長期間の継続 ” が難しくなります。

誠に、お気の毒! といったところです。

月刊ショパン連載、「 大人ピアノ指導 」 では、

長期間の継続に繋げるために、
『 心の満足度に繋げる = 性格に合わせた、3タイプの指導法 』
をお伝えしています。

“ 女性編 ” は、下記の3つです。
■ 華やかタイプ
■ 控えめタイプ
■ 冷静タイプ

一部ですが、ご紹介致します。

■■■ 華やかタイプ ■■■

特徴:
基本的に、パワフルでよく喋ります。
顔の表情も大変豊かで、人情に溢れるためホロリと涙をこぼす事も珍しくありません。
周囲から愛される“華やかさん”は、存在するだけで、その場がパッと明るくなる印象。
実に楽しく、その場を盛り上げてくれます。

しかし、思うように事が進まないと、途端に落胆し、
周囲の状況に配慮する事なく、巻き込んで破滅パワーを出してしまう面もあります。
しかし状況が一転すると、ケロッと忘れ去って、自己を正当化します。

テキストの進め方(基本編):
広く浅くを基本とします。しかし、パワフルですから、好きな曲には深くハマります。
しかし、飽きると驚く程あっさり「さようなら」ですから、そのタイミングに注意。
「A・B・Cのうち、どれがお好きですか?」と訊ねると、喜ばれます。

絶対欠かせない、大人ピアノ指導留意点:
“華やかさん”は、常に○○を求めています。
少々、○○であっても、○○○に○○をお伝えする必要があります。
その他、○○・・・

■■■ 控えめタイプ ■■■

特徴:
基本的に、もの静かでしっかり者です。
存在は少々地味ですが、いつも人当たりが良く、落ち着いた安定感があります。
努力家で仕事をキッチリとこなしますから、周囲から信頼されて任される事が多く、
細やかな配慮や気配り、優しい思いやりに溢れています。

しかし、少々頑固な面があり、自分からの感情表現が苦手で、
特に新しい発想が求められる場面になると、行き詰まる傾向にあるので要注意。
我慢強く頑張り屋さんですが、ある日突然、感情が爆発して周囲が驚くことも。

テキストの進め方(基本編):
曲の好みに関わらず、定められたステップを順番にこなすことを好みます。
逆に、急なテキストの進め方やスケールの大きな曲表現は苦手とします。
「A・B・Cを順番にこなすと、確実に上達しますよ。」とお伝えすると、喜ばれます。

絶対欠かせない、指導留意点:
“控えめさん”は、常に○○を求めています。
○○○の中、○○○してますねと、○○してお伝えする必要があります。
その他、○○・・・

( ○○の言葉は、「月刊ショパン」又は
13都市で開催中の 『 らくらくピアノ認定講師養成講座 』 にて、詳しく習得して下さい。 )

そして、
■ 冷静タイプ ■ 
とお伝えしたいところですが・・・

続きは詳しく、『 らくらくピアノ認定講師養成講座 』でお伝えしますね。

この記事を書いたプロ

光畑浩美

光畑浩美(みつはたひろみ)

光畑浩美プロのその他のコンテンツ

Share