まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
光畑浩美

音楽を「魂の薬」として生きる力に繋げるプロ

光畑浩美(みつはたひろみ)

一般社団法人全日本らくらくピアノ®協会 

お電話での
お問い合わせ
06-6734-3339

コラム

月刊ショパン連載: 「大人ピアノ指導のコツ」 第8回 心を掴む、体験レッスン会話術

【大人ピアノ初心者を専門とする指導法】

2013年11月25日 / 2016年1月24日更新

秋も深まり、文化祭のシーズンとなりましたね。

大人のピアノ指導ができる方は、自宅教室だけでなく、
カルチャー教室や、地域の公共施設などで市民講座・サークル教室などでも、
活躍することが出来ますから、このシーズンは特に大忙しですね。

文化祭は、新しい人脈を得たり、体験レッスンの機会を得られる
大チャンスの時でもあります。
ぜひ、ご活躍くださいね。

さて今回は、お話の前に、
皆様に、楽しいご報告がございます。

今流行の、「 ゆるキャラ 」 に関してです。

なんと!! 当協会にも、「 ゆるキャラ 」 が誕生しました!!

全日本らくらくピアノ®協会 公式キャラクター
「 らくっぴー 」 です。



素晴らしいデザイナー様に制作していただき、心から感謝しています。

さて、お待たせ致しました。

月刊ショパン連載:
「 大人ピアノ指導のコツ、教えます! 高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法 」
『 その8 心を掴む、体験レッスン会話術 』 についてです。

月刊ショパン8月号では、
『 その8 心を掴む、体験レッスン会話術 』 について、

・ 体験レッスン前
・ 体験レッスン中
・ 体験レッスン後

に分けて、大切なポイントをお伝えしています。

例えば、『 体験レッスン・前 』 についてですが、

皆様は、大人の生徒さんが、
初めて 『 体験レッスン 』 に来られた場合、
心を掴むために、まず、どんな事をお伺いするでしょうか?

ちょっと、このままお考えになってみて下さい。。。

答えが出ましたでしょうか。。。?

もう一度、お尋ねします。

皆様は、大人の生徒さんが、
初めて 『 体験レッスン 』 に来られた場合、
心を掴むために、まず、どんな事をお伺いするでしょうか?

多くの講師に質問したところ、
即答で、こういった答えが返ってきました。

「 これまで、ピアノをお弾きになった事は、ございますか? 」
「 ピアノをお弾きになりたい、きっかけは何ですか? 」
「 お好きな曲は、何でしょうか? 」

つまり、“ 相手の気持ち・レベルに、合わせたレッスンを! ”
という理由から、“ 経験 ”や、“ 目的 ” を質問する。
という返答が多くありました。

しかし、これが、間違いなのです。

それらは、子供ピアノ指導の方法です。

大人ピアノ指導で、
いきなり、“ 経験 ”や、“ 目的 ” を質問すると、
『 心を掴む、体験レッスン 』 には、繋がりません。
(つまり、辞めてしまう確立が高くなり、継続にも繋がりません。)

理由は、
『 子供ピアノは、“ 上達 ” が目的であるけれど、
大人ピアノは、“ 楽しみ ” が目的だから 』 です。

では大人生徒さんの場合、体験レッスンの前には、
どんな事を、お伺いすれば良いのでしょうか?

残念ながら、答えは、ここではお伝えできませんが、
月刊ショパン8月号に掲載してます。
宜しかったら、ご覧くださいね!

引き続き、皆様に質問がございます。
『 体験レッスン・中 』 についてです。

皆様は、大人生徒さんと、
『 体験レッスンをしている時、
どんなお声掛けを、するように気を配ってらっしゃいますか? 』

震える、手。

慣れない、鍵盤。

初めての、楽譜。

これらの状況の時について、お考え下さい。
お答えが出ましたでしょうか。。。?

では、再度、お尋ねします。
皆様は、大人生徒さんと、
『 体験レッスンをしている時、
どんなお声掛けを、するように気を配ってらっしゃいますか? 』

多くの講師は、こう答えました。
「 大丈夫ですよ。 」
「 ゆっくり、弾いてみて下さいね。 」

つまり、相手の “ 不安を取り除くために” 言葉を伝える。
という返答が多くありました。

しかし、それでは、
不安は取り除けません。
(不安が取り除けないという事は、継続が難しいという事です。)

「 大丈夫ですよ。 と言われても、
大丈夫な訳が、無い!! 」 のが、大人生徒さんの本音です。

では、大人生徒さんの場合、体験レッスン中では、
どんな声掛けをするように、気を配れば良いのでしょうか?

これまた残念ながら、答えは、ここではお伝えできませんが、
月刊ショパン8月号に掲載してます。
宜しかったら、ご覧くださいね~っ!

勿論、
『 大人ピアノ指導者養成講座 』( らくらくピアノ認定講師養成講座 )では、
さらに詳しく、バッチリと、現場に必要なことをお伝えしています。

これらは全て、“ 現場の実践 ” から生まれた、
大人ピアノ指導法です。

いつもセミナーでお伝えしていますが、
大人ピアノ指導法は、ちょっと医療現場に似ています。

学校などで医療について、
本で学んでいても、
論文を書いていても、

医療現場においては、
診察・治療に関する “ 実践 ” を習得しないと、
何も役に立たなかったりします。

同様に、大人ピアノ指導も、
楽譜について深く理解していても、
演奏能力が高くても、

大人ピアノ指導においては、
指導・運営に関する “ 実践 ” を習得しないと、
何も役に立たなかったりするのです。

是非、“ 実践 ” に生かせるノウハウを
身につけてください!!

理屈では、実績に繋がりませんから、
頭ではなく、心・体で習得です。

心より皆様のご活躍を、祈念しております。

次回は、『 その9 教室案内チラシは、必需品 』 の裏話です。
どうぞお楽しみに!

この記事を書いたプロ

光畑浩美

光畑浩美(みつはたひろみ)

光畑浩美プロのその他のコンテンツ

Share

光畑浩美のソーシャルメディア

facebook
Facebook