まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
光畑浩美

音楽を「魂の薬」として生きる力に繋げるプロ

光畑浩美(みつはたひろみ)

一般社団法人全日本らくらくピアノ®協会 

お電話での
お問い合わせ
06-6734-3339

コラム

旦那様のプレゼント。。コンサート会場へ!

【 実話:その他 】

2010年10月18日 / 2014年7月3日更新


【 文: 松森博美  編集: 光畑浩美 】

ショパン生誕200年記念コンサートのチラシが出来た。

開催3カ月前のある日、講座生に参加を呼びかけてみた。
「 ショパンのコンサートがあります。 宜しかったら、聴きに来られませんか? 」

しかし、反応が全くない。 「 シーン・・・。 」 嫌な予感がした。

その後、詳細なプログラムが出来あがったので、もう一度講座生たちを誘ってみた。
 
「 ショパンが実際に書いた手紙の内容などの、お話もあって、有名な曲ばかりが演奏されますよ。 如何ですか? 」

「 シーン・・・。 」 参加も無料であるのに、反応が無い。 内心落ち込む私。

諦めず、一人ずつ声をかけてみた。 
しかし、返事を濁す受講生。 「 いえ・・。 ちょっと・・・。 」 
結局良い返事はもらえなかった。

ところが、本番前日。 私に、1本の電話がかかってきた。

編み物が得意で、手編みのセーターがよく似合う70代の女性からだった。

「 先生! 主人が誕生日プレゼントとして、明日のイベントへ連れて行ってあげる!と言ってくれましたよ。 
私は運転が出来ないので、お話を聞いた時には諦めていたのですが・・。 明日、行きますねっ! 」

翌日、彼女は見にきてくれた。

「 感動で言葉もありません!! 演奏も素敵で、まだまだ聴きたいと思いました。 ショパンのお話も、とても解り易かったですし、らくらくピアノ(R)の生徒さんは、男性の方も多いのですね! 帰って主人にも勧めてみましたよ。 (笑) 」 

旦那さんからの、思いがけない誕生日プレゼント。。 彼女は嬉しそうに語ってくれた。

松森博美先生 http://pro.mbp-okayama.com/piano/service1/#84

この記事を書いたプロ

光畑浩美

光畑浩美(みつはたひろみ)

光畑浩美プロのその他のコンテンツ

Share

光畑浩美のソーシャルメディア

facebook
Facebook