マイベストプロ岡山
松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(まついともみ) / 整理収納アドバイザー

整理収納サポート にこぴか 

松井朋美プロのご紹介

“想い”を大事に、自分で無理なくできる整理収納の仕組み作りをサポート(2/3)

整理収納イメージ

自分で片づけをすることから、自立心を育てていく

 整理収納アドバイザーの松井さんですが、結婚するまで家事全般が苦手。ただ、子どもの頃は狭い部屋を姉妹で使っていたため、収納方法を自分で工夫することは好きだったとか。

 結婚・出産後、唯一得意だった「片づけ」なら、わが子に教えられると考えた松井さん。片づけに関する本を参考にしたもののうまくいかず、「なぜ片づけをするのか」「片づけをすることで得られるものは何か」など、片づけの本質について知りたいと思い整理収納アドバイザーの勉強を始めたそうです。そして2016年に「整理収納アドバイザー」1級を取得しました。

 「自分で片づけができるようになった長男は、中学時代には部活と勉強の両立もでき、お小遣いや時間の使い方にも優先順位をつけられるようになりました。長男に片づけを教える様子を見ていた主人も、家の中が暮らしやすくなった理由がわかったようで、積極的に協力してくれるようになりました。仕事もスムーズに運ぶようになったそうです」とうれしそうに話します。一番驚いたのは「私は片づけができない性格じゃけん」と言い続けていた60歳過ぎの義母のこと。一念発起して一緒に片づけをした後は、きちんと整理整頓した部屋を保てるまでに変わったそうです。

 松井さんは、家族がみるみる変化する姿を見て「片づけが自立につながる」と実感。自身の経験を元に、すぐに使えてすぐに戻せる収納法と、自分で自分のことができる自立心の育て方を伝えるべく「にこぴか」を設立しました。

Share