マイベストプロ岡山
松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(まついともみ) / 整理収納アドバイザー

整理収納サポート にこぴか 

コラム

「押し買い」の被害に合わないためにできること

2020年4月10日

テーマ:整理収納の小さな疑問

コラムカテゴリ:くらし

「押し買い」ってご存じですか?


「押し買い」

少し前に社会問題になったこともあり、ご存じのかたもいらっしゃるかもしれません。


(「押し売り」がいきなり家にやって来てモノを買わせることに対し)
「押し買い」は、家にやって来て高価なモノを安値で買いたたく行為です。

そしてれっきとした【犯罪行為】です。


家に来るきっかけは
・電話で買い取りのアポイントをとる
・いきなり訪問してくる
など、いろいろですが・・・


共通するのは
「高価なモノを無理やり安く買い取ろうとする。」
ということです。


実際に経験した「押し買い」の手口

先日、我が家に1本の電話がかかってきました。

電話に出てみると、女性の声で
「今ボロボロになった靴の買取りをしているのですが、履かなくなった靴はありますか?」
と聞かれました。

たまたまその時は家に履かなくなった靴がなかったので断ったのですが、実はこの類の電話は今回で3回目です。


1回目の電話は2017年の9月。

その時の電話では
・買取り品1品に対して70円の報酬がもらえる
・今、10年前のスカーフを400円で買い取ったところだ
・なんでもいいから不要なモノがあれば買い取らせてほしい
・業者名は訪問時に教える
という内容でした。

怪しさしか感じられない内容だったので、すぐに断りましたが。
なんとその1ヵ月後に、同じような電話がかかってきたんですね。
(2回目の電話は業者名を名乗りましたが、だからといって怪しいことに変わりはありません。)


その後、テレビの特集で「押し買い」という言葉を知り、当時の電話もそうだったのかも・・・と思うとゾッとしました。


テレビの取材に答えていた方の話では
・強引に家に入ってくる
・断っても帰らない
・売る気のないモノでも勝手に買い取る
・複数買い取っても「まとめて〇〇円」のように、詳しい査定結果を教えてもらえない
など、とても悪質な内容でした。


もし、当時の我が家に売る予定のモノがあって、電話の内容がもっと自然なものだったら、私も同じようなことになっていたかもしれません。


だってわざわざ持っていかなくてもいいし、高く買い取ってくれるなんて助かるじゃないですか。

「押し買い」は、そんな気持ちにつけ込んでの【犯罪行為】です。


「我が家には貴金属がないから大丈夫。」
なんて思っていませんか?

毛皮や着物、車も狙ってくる場合があるそうなので、絶対に安心ということはありません。


「押し買い」の被害に合わないためにできること

「押し買い」の被害に合わないためには、「知らない人を家に入れない」ことが一番大事です。


・「不用品を買い取ります」という電話があっても、応じないこと。
・いきなり訪問されても、玄関の扉をあけずに断ること。
・もし無理やり家の中に入られたら、警察に連絡してください。


何度も言いますが、「押し買い」は【犯罪行為】です。


可能であれば、家族や近所の方と情報を共有して、いざという時はお互い助け合える環境があると安心ですね。


「押し買い」の被害に合ってしまったときの対処法

「押し買い」だと気づかずに家に入れてしまい、被害に合ってしまった場合は、すぐに消費者生活センターや警察に相談しましょう。

局番なしの「188」で最寄りの相談窓口を教えてもらえます。
(「188=いやや」と覚えると分かりやすいかも。)

※「押し売り」と同じように、「押し買い」も8日間以内であればクーリングオフの対象となります。


今、新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごすことが多くなっています。
そしてこの機会にと、家の中を見直ししていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。


ただでさえ、不安だったり不便だったりする毎日です。

使わないモノを減らしてスッキリとした暮らしを手に入れるのは気分転換にもなるので私もおすすめします。


でも

・自分は使わないけど、捨てるのはもったいない
・今、リサイクルショップなどに持って行くのは難しい
・家まで取りに来てくれるのは助かる

そんな気持ちにつけこんで、「押し売り」業者はやってきます。


新型コロナウイルスが終息するまでの間は
「使わないけど捨てるのはちょっと・・・」
と思うモノは、ひとまとめにして生活の邪魔にならない場所に置いておくだけでもいいのではないでしょうか。


「押し買い」などという【悪質な犯罪行為】に巻き込まれないように、ご注意くださいませ。


参考記事
「買い取り電話」にご用心!!
押し買い業者に騙されないで!
(それぞれ当時の「にこぴかブログ」にジャンプします。)

この記事を書いたプロ

松井朋美

笑顔になれる整理収納サポートのプロ

松井朋美(整理収納サポート にこぴか )

Share

関連するコラム